2017桜花賞で買ってはいけない最も危険な人気馬は?

Pocket

金曜日に枠順が確定した2017年桜花賞について
買ってはいけない最も危険な人気馬について話していきたいと思います。

 

今年の牝馬クラシックはファンディーナこそ
皐月賞・ダービーという牡馬クラシック路線に歩みを進めたものの
近年まれにみる超ハイレベルなメンバーが顔を揃えました。

馬券の方へ目を移すとソウルスターリングを巡っての
2番手争いという見方が一般的ですが
その2番手争いをする何頭かの中で最も危険だと思える人気馬がいます。

 

今回はその馬について話をしたいと思います。

 

その馬とは カラクレナイ です。

 

正直言って、今回この馬を買う要素が見当たりません。
なぜカラクレナイに買う要素が存在しないのか?

買えない要素を一つずつ話していきたいと思います。

 

1つ目は、マイル戦の経験がないという点

 

過去4戦走っているカラクレナイですが
その4戦とも全て1400mでのレースでした。

1400mと1600mはたった200mの違いしか無いじゃないか
と思うかもしれませんが、レースに必要とされる要素は全く異なります。

 

簡潔に言うと

1400mは淀みない流れで、持続力が必要となり
スピードよりもパワーが重要視される距離

1600mは道中力を溜めて、直線での爆発力が必要となり
パワーよりもスピードや瞬発力が重要視される距離

という感じです。

 

カラクレナイの過去の成績を見ても
上がり33秒台は一度も無く、瞬発力で勝負をしておらず
持続力で勝負している事が分かります。

1400mに適した馬が1400mで結果を出してきたという事を考えれば
マイル替わりで対応に苦しむ可能性は高いといえます。

 

2つ目は、ローエングリン産駒が阪神マイルに向かないという点

 

この馬の血統を見てみると父ローエングリンに母アグネスタキオンと地味です。

ローエングリン産駒の代表格と言えばロゴタイプですが
この馬は先行して最後まで粘り込む競馬が得意な馬で
後方からの末脚勝負では良さが活きない馬です。

それゆえ瞬発力勝負になりづらい中山コースを得意としており
スピードが必要とされる京都コースのGI
マイルチャンピオンシップでは勝負に参加出来ませんでした。

 

桜花賞は例年ディープ産駒だけを買っていれば良いような
瞬発力や切れ味を武器とした差し馬が上位に来るレース

阪神マイル、特に桜花賞という舞台では
この血統が合わないのは間違いなく
血統面でも大きな不安を抱えての出走となります。

 

3つ目は、田辺騎手への乗り替わりとなる点

 

今回デムーロ騎手がアドマイヤミヤビに騎乗するため
カラクレナイの騎手は田辺騎手に乗り替わりました。

今年の田辺騎手は調子が良いので、デムーロからの田辺替わりだから
ダメだとステレオタイプに言うつもりはありませんが
フィリーズレビューを勝った時のデムーロ騎手はメインレースを勝ちまくっていた確変状態でした。

神がかりの騎乗を続けていたデムーロ騎手からの比較となると
当然評価は落ちるのでおのずとパフォーマンスは落ちる可能性が高くなります。

 

これらの要素から2017年桜花賞の最も危険な人気馬は
カラクレナイ であると判断します。

 

実績と前走の勝ちっぷりから見ても
1番人気ソウルスターリング、2番人気アドマイヤミヤビに続く
3番人気争いの筆頭といえる存在でこの馬を外す事が出来れば妙味はありそうです。

 

果たして結果はどうなるか?

レースを楽しみに待ちましょう!

2017桜花賞で注目している馬は
強い牡馬相手でも互角以上の走りを見せており
前走は距離短縮でもしっかりと結果を出した

この馬 →人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。