2017阪神牝馬Sで買ってはいけない最も危険な人気馬は?

Pocket

今週の土曜日阪神メインレースである「2017阪神牝馬ステークス」の

最も買ってはいけない危険な人気馬について話していきたいと思います。

 

昨年から阪神芝1600mという舞台で行われるようになったレースですが

この設定変更により今までよりも更にヴィクトリアマイルと関連性が深くなりました。

昨年も1着スマートレイアー、2着ミッキークイーン
このレースで惨敗しながらヴィクトリアマイルで巻き返したストレイトガールまでを
見てみると本番でも結果を残した馬が出走していました。

今年もミッキークイーンやクイーンズリングなど
GI馬が出走してレベルの高い1戦となりそうです。

 

 

このレースで最も危険だと思っている馬を1頭公表します。

 

その馬は トーセンビクトリー です。

 

なぜ、トーセンビクトリーが危険だと考えているのか

その根拠についてお話をさせて頂きます。

 

まず、一つ目は舞台適性が合わないということ

 

桜花賞がそうであるように阪神芝マイル戦は
スピード、瞬発力に勝るディープインパクト産駒の得意舞台

実際に昨年の1,2着にスマートレイアーとミッキークイーンが入ったように
ディープインパクト産駒のワンツー決着となりました。

トーセンビクトリーは瞬発力のあるタイプではなく
先行してレースを進めて直線早めに抜け出して粘り込むタイプの馬なので
道中で脚を溜めても直線で鋭い脚を使う事が出来ません。

その点で瞬発力勝負になると脆さを見せる可能性が高いという事が
不安要素の第一点に挙げられます。

 

次にトーセンビクトリーという馬が連続で好走できない
タイプの馬だという事が挙げられます。

 

一昨年はローズステークスで3着した後に秋華賞で8着

昨年は準OPの難波ステークスを完勝した後に
ヴィクトリアマイルで17着

3走前のジェンティルドンナメモリアルを勝った後
2走前のアンドロメダステークスで8着
そして前走の中山牝馬ステークスで1着と
連続での好走が出来ない馬です。

これは何を示すのかというと「疲労に弱い」という事です。

体質の弱さから目一杯走って結果を出すと
どうしても次走に反動が出てしまう。

疲労に弱い馬の典型的な成績だと言えるでしょう。

 

最後に前走の走りが額面通りの評価が出来ないという点です。

 

前走の中山牝馬ステークスをクビ差でしのいだ
トーセンビクトリーにとって今度は疲労が出てくる番で
舞台適性云々の前に状態面が不安であるという事が挙げられます。

最後に前走の内容を振り返ってみると
2着のマジックタイムは地力の違いで差してきましたが
勝ったトーセンビクトリーをはじめ
3着クインズミラーグロ、4着パールコードら上位に入線した馬は
先行でレースを進めた馬達でした。

特にトーセンビクトリーは内々の経済コースを通って
ロスのない競馬が出来ての勝利だったため
着順ほどの評価を与えられません。

 

今回はミッキークイーンやクイーンズリングなど
現牝馬界のトップレベルの馬が出走してくるので
確実に相手は強くなると言えるでしょう。

仮にベストのパフォーマンスを出せたとしても
能力的に頭打ちになる可能性が高いといえます。

 

これらの要素からトーセンビクトリーは
今回の阪神牝馬ステークスにおいて危険な馬だと言えます。

 

果たしてどの馬がヴィクトリアマイルに向けて
結果は残してくるでしょうか?

レースを楽しみに待ちましょう!

 

私が2017阪神牝馬ステークスで注目している馬は
阪神マイル戦が得意なディープインパクト産駒で
機動力と上がりの脚を兼ね備えた

この馬 → 人気競馬ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。