どの馬がソウルスターリングの2番手となるのか?2017桜花賞を占う

Pocket

2017年の桜花賞はフラワーカップを圧勝した
ファンディーナが牡馬クラシック路線を歩むという事で
ソウルスターリングの1強レースとなりました。

とはいえ、牝馬クラシックのレベルは決して低い訳では無く
レベルが高い中で“ソウルスターリングが更に強い”
という形で1強を形成しています。

ソウルスターリングに無理に逆らうのは
厳しいレースになると予想されるなかで
最も注目となるのはソウルスターリングに次ぐ2番手争い

ここでは2番手候補達のピックアップしながら
評価をしていきたいと思います。

桜花賞、出走予定全頭評価の動画は以下をクリックしてご覧下さい。

桜花賞の出走予定全頭評価

チューリップ賞がソウルスターリングの独壇場だったので
まずは別路線に目が行きます。

別路線で最も注目されているのが アドマイヤミヤビ です。

クイーンカップでは直線楽々抜け出して完勝
2走前にはカデナやアウトライアーズを破っているように
この馬の能力は疑いようも無く、例年なら主役を張れる馬です。

順当に考えれば対抗一番手となりますが
クイーンカップからの臨戦は成績が悪く
走りや血統からは桜花賞よりもオークスに向いているので
そのあたりがどうでるかという点で評価が分かれるでしょう。

フィリーズレビューを勝った カラクレナイ

父ローエングリンに母父アグネスタキオンということで
とてもクラシック向きとは思えない同馬ですが
現在3連勝中と勢いは今回のメンバーの中でも随一

ただ、過去4戦は全て1400mという事で200mの延長は不安材料
今回初のマイル戦がGIという舞台で対応出来るかどうかが焦点になります。

朝日杯から直行となる ミスエルテ

ファンタジーステークスの勝ち方で度肝を抜いた馬ですが
朝日杯では良さを見せる事が出来ず4着に惨敗

パワータイプの馬で直線の瞬発力勝負と言うよりも
加速をつけて直線なだれ込む推進力タイプ
レースの流れがこの馬の着順を大きく変えてきそうです。

アネモネステークス勝ちの ライジングリーズン

中山のレースで連勝中の馬で捲っての押し切りという
パワフルな走りが特徴の馬です。

ここ2戦のパフォーマンスは評価に値しますが
直線勝負になりやすい阪神でどこまでこの馬の形を見せられるかは
未知数で自分の流れに持ち込めるかどうかが鍵になりそうです。

ここまでが2番手を狙う別路線組となりますが
桜花賞と関連性の高いチューリップ賞組も見てみましょう。

2着の ミスパンテール

チューリップ賞はデビュー戦から半年以上経過した
2戦目ということで低評価でしたが
人気に反発しての2着に好走しました。

不利な条件が揃っていた中でのこの結果は威張れるもので
決してフロックではないと判断して良いでしょう。
あとは久々で激走した反動が出るかどうか、です。

3着の リスグラシュー

前走は道中の手応えも悪く、やっと3着を確保したという形でした。
この凡走がただ単に調整に失敗して状態が悪かったのか
それともこの馬の成長力が不足しているのか

実績は今回のメンツでは断然の2番手といえるだけに
このあたりの判断が鍵になりそうです。

ちなみに私が桜花賞で注目している馬はこの馬です。
→ 人気競馬ブログランキングへ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。