ファルコンステークスの舞台|中京芝1400mの特徴と攻略法

Pocket

中京競馬場で行われる3歳重賞といえば「ファルコンS」です。

GIにはない距離の1400m
スプリンターもマイラーも対応できる距離で
予想するには非常に難解ですが
この中京1400mというコースはかなり癖があります。

ここではこの中京1400mというコースを分析して
攻略法を見つけていくので、馬券購入の参考にして下さい。

まずはコース形態とラップから見ていきましょう。

中京芝1400mラップ別成績

最初の1ハロンは上りのため12秒台を刻み
その後は11秒台で駆け抜けていきます。
直線で坂を迎えても11秒台を刻みますが
坂を登ってから12秒かかっているので
短い距離ながら最後スタミナ勝負となります。

次に脚質別の成績です。

中京芝1400m脚質別成績

回収率、着順成績を他の競馬場と比べてみると
差し・追い込み天国と言える成績です。
最後スタミナ勝負となるコースなので
そこで差し馬が台頭してくるという図式を描くことが出来ます。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中京芝1400m枠順別成績

完全に外枠が有利です。
逃げでそのまま押し切れる1枠を除けば、内枠はメタメタ
スタートから最初の直線は長いのでスタートでの有利不利はありませんが
普通に逃げが辛いコースなので、不利なく差してこられる
外枠がいい成績を残しているという事がわかります。

続いて、種牡馬別の成績

中京芝1400m種牡馬別成績

1位ディープインパクト、2位アグネスタキオンをはじめ
回収率100%オーバーが名を連ねます。
全体的に人気通りに収まっていないという事がわかります。

騎手別の成績も載せてみました。

中京芝1400m騎手別成績

福永祐一騎手、武豊騎手といったトップジョッキーが
良い成績を収められていません。
差し・追い込みが有利なコースなので
追う力がある騎手、また無欲で追い込んでくる若手騎手が
好成績を収めている事がわかります。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中京芝1400m人気別成績

人気馬の信頼度は普通といったところですが
穴馬にもチャンスがありつかみどころがありません。
1~4番人気は期待値以上なので
人気馬を中心に予想を構成することがベースとなります。

以上が特徴となります。

中京芝1400mの最大の特徴は差しが届くという事
そして、差しが生かせる7,8枠が圧倒的に有利という事です。

外枠の差し馬は無条件でチェックを入れましょう。
若手騎手を狙ってみると高配当をGET出来るチャンスが大きいです。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク