グレーターロンドンにとってダービー卿チャレンジトロフィーは通過点?

Pocket

今週はGIに昇格した大阪杯が行われますが
土曜日のダービー卿チャレンジトロフィーにも注目の馬が出走します。

7戦して6勝2着1回のディープ産駒 グレーターロンドン です。

母ロンドンブリッジは桜花賞2着があるように
少し古い競馬ファンなら誰でも知っている強豪馬

前々走は上がり3F32.3秒の脚を使っているように
ディープインパクト産駒らしい瞬発力が武器の馬です。

今回は重賞という事でかなりいいメンバーが揃っていますが
この馬の断然人気が予想されます。

馬券を買う身としては大多数が支持するこの馬を買わないで
一人勝ちするような馬券を買いたいのですが
馬券圏内から外れる結果は想定しづらいというのが現在の見解です。

競馬というのはいくら実力が上でもそう簡単に勝てるものではありません。

そんな中、500万条件から5連勝
決してぶっちぎっている訳ではありませんが
5連勝出来るという現実はしっかりと受け止めるべきです。

しかも2着に負けた1戦は中山2200mの山吹賞

もともとディープ産駒が不得意な中山芝2200mに加えて
母が短距離馬だったことを考えれば、相当不向きな舞台だったといえるでしょう。

その1戦を抜かせば6戦全勝

文句のつけようのない成績から、この馬を外した馬券勝負はオススメできません。

ただ、1着を外す可能性はあると思っています。

その理由は脚質と出遅れ癖です。

前走は出遅れて後方2番手からの競馬でした。
最後は末脚の違いを見せての完勝でしたが
断然人気の馬が最後方からの競馬しかできないということは大きなリスク要因になります。。

現に3戦前の1000万条件では上がり3Fのタイムで
他馬に0.9秒以上の差をつける豪脚を見せながらハナ差での勝利

圧倒的な能力差ほど差を広げる競馬が出来ないのは
この脚質に原因があるといえるでしょう。

前走でも出遅れたようにスタートのゆったりした馬

10頭立てだった前走のように馬群を簡単にさばければ
能力通りに勝つことが出来るでしょうが
多頭数が予想される今回で大きく外を回すようなら
何か1頭を捕まえられない可能性は十分にあります。

ですので、馬券としてはグレーターロンドンを頭にするような買い方はしません。

5連勝中の実績、そして断然の1番人気
このオプションに惑わされず予想をしていきたいですね。

ダービー卿チャレンジトロフィーの注目馬はこの馬
→ 人気競馬ブログランキングへ

また、ダービー卿チャレンジトロフィーの全頭評価は
以下のページから見ることが出来ます。

ダービー卿CTの全頭評価はコチラから

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。