スプリンターズS、オーシャンSの舞台|中山芝1200mの特徴と攻略法

Pocket

中山競馬場で行われる短距離GIといえば
「スプリンターズS」ですが、その舞台は芝1200m

短距離でありながらタフさが要求されるコースとして有名で
2歳戦から条件戦まで、様々なシーンでレースが開催されています。

中山競馬場を攻略するなら是非知っておきたいコースですね。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

中山芝1200mラップ別成績

テンからスピード勝負、最初のカーブまでは275mと短いですが
下り坂という事もあり、3ハロンは11秒を切るペース
コーナーを曲がって最後の直線は310mと短く
最後の坂に入っても12秒を切るペースで駆け抜けるスピードコース

では、脚質別の成績を見てみましょう。

中山芝1200m脚質別成績

逃げ・先行が圧倒的に有利です。
最後の坂はありますが、直線は短く、下り坂を利用して
なだれ込むことから前が残る傾向にあります。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中山芝1200m枠順別成績

内枠が有利で、特に1枠は圧倒的な数字を誇っています。
スタートからの直線が短く緩やかなカーブを描いている分
先手を取りやすく、距離ロスもない事が好走の理由です。

内にいればいるほどいいでしょう。

続いて、種牡馬別の成績

中山芝1200m種牡馬別成績

スプリンターズSを圧勝してきたサクラバクシンオーの子供が大活躍
先行有利とはいえ、前に行けるスピードだけでなく
直線の坂を上るパワーも必要となる舞台で
マンハッタンカフェ、グラスワンダー、マイネルラヴなど
現役時代に中山競馬場が得意だった馬の子供の活躍が見て取れます。

騎手別の成績も載せてみました。

中山芝1200m騎手別成績

柴田善臣騎手、横山典弘騎手が好成績です。
若手よりもベテラン、しっかりと中山芝1200mを知っている
騎手から買っていくことが勝利の近道となります。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中山芝1200m人気別成績

勝率・複勝率は普通の数字ですが
回収率を見てみると1~3番人気の信頼度はかなり高いと言えます。
中山適性は見る必要はありますが、能力のある馬を
素直に信頼して良い舞台だと言えます。

以上が特徴となります。

まとめです。

パワーも必要とされますが、究極のスピード勝負といえる舞台
テンのスピードが速い馬を選択すると共に枠も内目を選択しましょう。
種牡馬は中山が得意な馬が良いですね。
能力のある馬を素直に買っていきましょう。

ここではコースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。