中山記念、スプリングSの舞台|中山芝1800mの特徴と攻略法


中山競馬場が誇る伝統のG2中山記念
皐月賞トライアルとして重要な意味を持つレーススプリングS

2つに共通しているのは、「中山競馬場芝1800m」ということ

GIが行われる舞台ではありませんが
平場のレースでもこの条件で行われることは多いので
きっちりと攻略をしていきましょう。

最初にラップタイムを参考にコース特徴を紐解きましょう。

中山芝1800ラップ別成績

スタートしてからいきなり坂を上り204mでコーナーを迎える
通常一番早くなる2ハロン目も12秒台をやって切る程度
コーナーに入っても同じようなラップで進み
ラスト3ハロンは3コーナーから始まる小回りコース
直線310mではもう一度坂越えがあるペースが上がらない。
スタートからゴールまで終始12秒台前後で推移するコース。

続いて脚質別の成績です。

中山芝1800m脚質別成績

先行馬・逃げ馬が圧倒的に有利な舞台です。

中山競馬場の芝コースは全体的に先行有利ですが
このコースでもその傾向は顕著です。

ただ、スタートしてから最初のコースまでは200mしかないので、
その間のポジション争いがし烈になることは頭に入れておきましょう。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中山芝1800m枠順別成績

内枠が圧倒的に有利です。

先ほど脚質成績で話した通り、スタートから最初のコーナーの距離が短いため
テンのスピードが同じであれば、内枠の馬が有利なポジションをとれるので
出る成績は当然変わってきます。

枠順と馬のテンのスピードはしっかりとチェックしましょう。

続いて、種牡馬別の成績

中山芝1800m種牡馬別成績

回収率の高い馬を成績上位の順に見てみると
ネオユニヴァース、シンボリクリスエス、オペラハウス、クロフネ
どれもパワータイプの産駒が多い種牡馬達です。

逆にディープインパクト産駒は回収率は不振
スピード優先型の馬には厳しい舞台だといえます。

騎手別の成績も載せてみました。

中山芝1800m騎手別成績

特に大きな傾向はありません。
が、とにかく逃げ・先行が有利な舞台なので
積極的に前にいくような騎手を狙うと予想とリンクしています。

吉田豊騎手が好調なのはこの辺りが原因ですね。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中山芝1800m人気別成績

回収率100%越えはないものの
4,6,7,9番人気が90%台
分布としては小荒れ傾向のオッズ配置といえます。

1番人気も非常に成績はいいので
無理な穴狙いは禁物ですが
人気薄の台頭は十分に考えておきたいです。

以上が特徴となります。

まとめるととにかく内枠の先行・逃げ馬が有利な舞台
そして勝つにはパワーが必要です。
切れ味勝負の人気差し馬が外枠に入った場合は
その馬を外して勝負する絶好のチャンスですね。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。