桜花賞、阪神JF、チューリップ賞|阪神芝1600mの特徴と攻略法


阪神の芝1600mといえば、若き牝馬の決戦の舞台として知られています。

2歳時にはGI阪神ジュベナイルフィリーズが
3歳時にはGI桜花賞、重賞チューリップ賞と
若き乙女の決戦の舞台となっています。

また、古馬にとってもG2マイラーズCが行われるので
無視の出来ない舞台設定となっています。

そんな阪神芝1600mという舞台の傾向を分析して
特徴の洗い出しと攻略法を見つけていきましょう。

まずはコースの特徴をラップタイムを含めて見てみましょう。

阪神芝1600mラップ別成績

スタート後の直線は444m
最初のポジション取りはタイムが速くなりますが
3コーナーを過ぎて徐々に下り坂に入ってもさほどタイムはあがりません。

各場のタイムが速くなるのは直線473mに入る手前からラスト3ハロン
下りを利用した瞬発力勝負となりますが
ラスト200mからは急な上り坂でタイムを要する
というコース設定になっています。

つぎに脚質別の成績です。

阪神芝1600m脚質別成績

スタートしてから最初の直線を迎えるまでが444m
コーナー2つで最後の直線が473mとゆったりした
コース設定になっており、最後の坂でラスト1ハロンの
ラップの時計がかかる点からも、差し馬の勝利数が一番多く
後ろからの馬も十分に届くコースです。

他のコースに比べると極端に逃げ馬の成績も悪く
差し馬を中心に考えていいコースです。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神芝1600m枠順別成績

外枠の方が好成績を収めていることがわかります。
広いコースなので、外枠からいいポジションを確保して
伸び伸びとした競馬をした方が好成績を収めるという事ですね。

続いて、種牡馬別の成績

阪神芝1600m種牡馬別成績

広いコースで伸び伸び競馬が出来る条件ならディープインパクト産駒です。

それ以外にはキングカメハメハやスペシャルウィーク、フジキセキ、
マンハッタンカフェなどスピードとスタミナのバランスが整った産駒が
好成績を残しています。

ダイワメジャー、シンボリクリスエス、ジャングルポケットなどの
パワー型タイプの産駒は苦戦傾向にありますね。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神芝1600m騎手別成績

1位から福永祐一、川田将雅、浜中俊、岩田康誠と
関西リーディング上位騎手が独占をしています。
おおよそ有力馬が力を発揮できている舞台であるという事がわかります。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神芝1600m人気別成績

6,7番人気の成績が良いですが
全体としては平均的な分布で推移しています。

1番人気はそこそこですが、2~4番人気の回収率が優秀で
人気馬が総崩れとなるケースは考えづらいコースです。

以上が特徴となります。

まとめると外枠が優勢で差し馬・追い込み馬の狙いが立つコースです。
前残りの展開で届かなかった馬などを狙うといいでしょう。

また、走りはスピードが豊富なタイプの方が走る傾向にあり
最後の坂を超えられるスタミナを兼ね備えているとなお良いです。
推進力のある末脚を繰り出す馬は狙っておきたいところです。

人気面からは無理な穴狙いは禁物で
1番人気が飛んでも2~7番人気あたりでの決着を考えていくといいでしょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。