フェブラリーS、武蔵野Sの舞台|東京ダート1600m特徴と攻略法

Pocket

年明け最初のGIと言えば東京競馬場で行われる
フェブラリーSです。

毎年ここから競馬を始めるという人も多いでしょう。
そしてフェブラリーSが行われる舞台
ダート1600メートル戦は条件戦でも数多く行われ
府中コース攻略の肝となるレースでもあります。

その他、武蔵野ステークスやユニコーンステークスなどの
重賞も行われるので、是非このコースを分析して
馬券攻略に生かして下さい。

最初にラップタイムを含めてコースの特徴を見てみましょう。

東京ダ1600mラップ別成績

スタートの芝コースから緩やかな下り坂で
最初の2ハロンは速めのラップから
道中は12秒ちょうどくらいでラップを刻みます。

ラスト3ハロンでも同じようなペースを刻みますが
1300m、1400m戦と違う点は
最後の1ハロンのタイムが落ちないという点
501mの直線はスピード勝負となります。

まず脚質別の成績から見てみましょう。

東京ダ1600m脚質別成績

抜けて勝ち星が多いのが先行馬です。
先行馬はダート戦の定石ですが
注目したいのは逃げの不振と追い込み馬の台頭です。

他のダート戦と比べるとかなり偏りが見えます。
最後の直線にかけるタイプを狙うタイプが
案外通用するコースでもありますし
逃げが簡単に通用しない舞台でもあります。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京ダ1600m枠順別成績

成績は外枠→中枠→内枠と順に推移している事がわかります。
スタートしてから最初のコーナーまでは非常に長いコースです。

外からレースする馬の方が自由なポジションを取りやすい点
そして内枠は被されてしまうと外に持ち出すのに
距離ロスをしてしまう点が逆に外に回しても
長い直線で捉える事が出来るコースであるという事が
外枠有利として好成績をもたらしていると判断出来ます。

続いて、種牡馬別の成績

東京ダ1600m種牡馬別成績

エンパイヤメーカーの異常な勝率は例外として
回収率100%を超える馬が少ない事がわかります。
これは比較的人気通りに決着していることの現れです。

パワー型、スピード型、スタミナ型、どのタイプも
まんべんなく馬券に絡めるチャンスがあるという事でもあります。

騎手別の成績も載せてみました。

東京ダ1600m騎手別成績

成績の良い横山典弘騎手や内田博幸騎手の回収率をみると
こちらも人気通りに決着していることが見て取れます。

関西の騎手が成績が良いのは、関西馬遠征の影響なので
騎手の優劣を判断するにはあたりません。
特に騎手のタイプを考慮する必要はないでしょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京ダ1600m人気別成績

1〜4番人気の馬の回収率が安定しています。
この回収率の分布は比較的人気通りに決着していることの現れです。

以上が特徴となります。

<まとめ>

攻略法としては実力をきっちりと評価して強い馬から
順番に印をつけていく事が必要となります。

また外枠が若干有利である、差し・追い込みも諦める必要はない。
という事は頭の片隅に入れておきましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク