毎日王冠、共同通信杯の舞台|東京芝1800mの特徴と攻略法


東京競馬場が誇るスーパー重賞と言えばG2毎日王冠です。

毎日王冠が始まるといよいよ秋競馬も本番を迎えたと
感じる人も多いでしょう。
そこで今回は毎日王冠が行われる東京芝1800メートル
というコースを分析して馬券に繋げていきたいと思います。

他に東京芝1800メートルで行われる重賞は
エプソムカップや共同通信杯などがあるので
そちらのレースの際にも活かして下さい。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえ調べてみます。

東京芝1800mラップ別成績

スタート地点は2コーナー終盤なので
最初のコーナーからホームストレートに入るまで
156mと短い距離設定になっています。

スタートしてから約500mは下り坂なので11秒台を刻み、
そこから1200m地点までは12秒台とペースダウン

直線に入ってからは11秒台前半とスピードアップして
坂を上った後の最後の1ハロンはタイムが落ちる
そんなコース設定となっています。

まずは脚質別の成績です。

東京芝1800m脚質別成績

最初に注目したいのは逃げの成績の悪さです。
回収率・複勝率共に100%は超えていますが
他のコースと比べるとかなり低い数字が出ています。

そして差し馬の成績ですが、勝ち星こそ先行馬に譲りましたが
2着、3着では圧倒的に上の数字を残しています。

スタートから最初のコーナーが短く
最後の直線が長い事が差し馬に優位な数値を残しているといえます。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京芝1800m枠順別成績

勝率の面でも、回収率の面でも圧倒的に内枠有利です。
スタートから最初のコーナーが短いため
内枠の馬の方がいいポジションを確保出来る為
これだけ極端な成績の差が出ている理由です。

続いて、種牡馬別の成績

東京芝1800m種牡馬別成績

枠順の有利不利はあるものの広々とした舞台なので
リーディングサイアーに入ってくる馬が並んでいます。

ディープインパクト産駒の成績は凄まじく
ディープ以外にもサンデー系の種牡馬が並びます。
フジキセキ、ゼンノロブロイも高い回収率を誇っています。
スピード豊かな伸び脚のある馬がいいですね。
逆に極端なパワー型は避けたいところです。

騎手別の成績も載せてみました。

東京芝1800m騎手別成績

蛯名正義騎手がトップの成績を残しています。
他では田中勝春騎手、外国人騎手が好成績。
傾向はひとえには判断出来ませんが
大きく見ると大外をぶん回すタイプよりも馬群をぬって
上がってくるような大胆騎乗タイプが多いのが特徴でしょうか。

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京芝1800m人気別成績

勝利数、勝率、連対率など人気から順に並んでいる事がわかります。
東京コースは全体的にそうですが、広くて雄大なコースなので
極端な有利不利はなく、どの馬も実力を発揮できる舞台です。

以上が特徴となります。

枠順については有利不利がある事を頭にいれておけば
後はその馬の持っている能力を計って予想すれば大丈夫です。

能力を計る際に一点だけ注意をしておきたいのは
パワーよりもスピードを重視するという点です。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。