きさらぎ賞の舞台|京都芝1800メートル戦の特徴と傾向


サンデーサイレンス産駒が出現してから
クラシックの登竜門的な存在となったきさらぎ賞

京都コースの芝1800メートル戦の重賞は
きさらぎ賞しかありませんが
条件戦などではよく開催されているので
この条件はしっかりと頭に入れておきましょう。

最初にラップタイムからコースの特徴を分析します。

京都芝1800mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまで911mと
アイビスSDもビックリの直線を進みます。
ラップはスタートしてから11秒台中盤を刻み続け
3コーナーの上り坂でもそれほど遅くなりません。

下り坂を過ぎて4コーナーからはスピードをつけて
持続力と惰性で直線404mを走りぬくという点は
京都の外回りコース全てに共通している点です。

まず脚質別の成績です。

京都芝1800m脚質別成績

先行馬が絶対的に有利な舞台です。
1800メートル戦としてはコーナー2つで
スタートから最初のコーナーまで911メートルと
極めて長い距離を走る特殊なコースなので
ポジション取りに苦労する事がなく
ペースが落ち着きやすい事が先行有利の舞台を生んでいます。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都芝1800m枠順別成績

内枠と外枠が好成績を収めています。
内枠が有利な点は、京都外回りコースの特徴で
4コーナーの下り坂から加速して直線を迎える事で
直線では各馬が外に膨らみ、内が空くので
差し馬はコースを取りやすいという点です。

外枠が有利な点は最初の長い直線を利用して
内枠の動向を見ながら好きなポジションを取れるという点です。

続いて、種牡馬別の成績

京都芝1800m種牡馬別成績

チャンピオンサイアーのディープインパクトが
圧倒的な勝利数を誇っています。
キングカメハメハが2位につけているものの
アグネスタキオン、ネオユニヴァース
マンハッタンカフェ、スペシャルウィーク
などなどサンデーサイレンス系の独壇場です。

サンデー系の種牡馬が持っているスピードが
十分に生きる舞台が京都芝1800メートルです。

騎手別の成績も載せてみました。

京都芝1800m騎手別成績

関西若手のエース川田将雅騎手、浜中俊騎手が多くの勝ち星をあげています。
先行馬が有利なこの舞台では積極的なレースをする騎手の方が
折り合いを重視する騎手よりも良い成績をあげていると言えます。

ただ、回収率からはそこまで重視するファクターではありません。

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都芝1800m人気別成績

一番人気馬は高い勝率と回収率を残しており
二番人気以下の馬も順当な成績を残しています。
直線が長く、紛れの少ないコースなので
人気通りに決着する事が多いと言えます。

以上が特徴となります。

人気通りに決着しやすい舞台なので無理な穴狙いは禁物です。
穴を狙うのであれば、サンデー系の先行馬。
逆に人気馬を外せるとしたらパワー型の非サンデー系。
馬券を狙う傾向としてはわかりやすい形です。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。