【ローテーション分析】共同新聞杯は素質馬、実績馬を狙うべき

Pocket

今週の重賞は共同通信杯

双方とも今後のGIを占う上で重要なレースとなりますが
このレースを攻略するために臨戦別成績を分析して
好走する馬の共通点を探っていきましょう。

主な前走別成績を見てみると

    単回収 複回収 複勝率 頭数
ラジオNIKKEI賞 55% 46% 40.0% 10頭
ホープフルステークス 70% 131% 71.4% 7頭
朝日杯FS 40% 125% 57.1% 7頭
京成杯 0% 157% 37.5% 8頭

となっています。

それぞれ頭数が多く、深く掘り下げづらいので
概要だけ捉えていきましょう。

前提としてこのレースがGIに直結する内容の濃いレースなので
素質馬、実績馬が強いという事が挙げられます。

ラジオNIKKEI賞経由の馬を見てみると

前走3着以内の馬は

(単回収78%、複回収65% 複勝率57.1%) 7頭

と率を大きく上げています。

ラジオNIKKEI組は素質馬が数多く出走するレースでしたが
ローテーションが詰まっている点と
パワーコースからスピードコースへの舞台替わりという事で苦戦をしていました。

現在はプログラム変更でこのローテはありませんが
レース間隔及び舞台替わりについては参考になるでしょう。

ここに馬のスケールという要素を加えます。

500kg以上という条件でさらに絞っていくと

(単回収183%、複回収113% 複勝率100%) 3頭

単純に強い馬が勝つ、という解釈が出来るレースだと言えます。

次に京成杯経由の馬を見てみましょう。

こちらは中山から東京替わりで距離短縮戦となるので
スピード能力は重要になってきます。

京成杯で後方追走しているような馬は
共同通信杯でペースについていくことが難しくなります。

前走4角9番手以内という条件で抽出すると

(単回収0%、複回収247% 複勝率50%) 4頭

となります。

あとはスピードに優れたサンデー系種牡馬の方が
東京1800mへの対応力があります。

サンデー系種牡馬 (単回収0%、複回収330% 複勝率66.7%) 3頭

このあたりに注意して馬を選んでいくといいでしょう。

以上です。

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。