シルクロードSの舞台|京都芝1200mの特徴と攻略法

Pocket

1200メートルのGIと言えば
中京競馬場で行われる高松宮記念と
中山競馬場で行われるスプリンターズステークスですが
同じ舞台でのステップレースはほとんどありません。

高松宮記念のステップレースとなるレースの一つに
京都競馬場で行われるシルクロードSが行われます。

ハンデ戦ということもあり、毎年予想が難解なレースですが
京都芝1200メートルの傾向を掴んで
しっかりと予想出来れば高配当をGETすることも可能です。

傾向を掴んでしっかりと対策して下さい。

最初にラップタイムを含めたコースの特徴から見ていきましょう。

京都芝外1200mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまで316m
1ハロン10秒台とスタートから一気にトップスピードになり
11秒台ちょうどくらいで内回りコースを回ってくきます。
328mの直線はそのままなだれ込む形ですが、
最後1ハロンは11秒台後半と時計がかかります。

まず脚質別の成績です。

京都芝外1200m脚質別成績

先行型が安定した成績を残しているので
馬券の中心は先行馬で組み立てた方がいいでしょう。

勝率だけで言えば逃げ馬の数字は優秀ですが
2着、3着の数字はイマイチで
逃げ切れなかった時は飲み込まれる傾向にあります。

逆に差し馬は2着、3着の数字が上がっているので
「前にいた馬が押し切り、差し馬が追い込んで
馬券圏内に食い込んでくる」
そんなパターンが多いですね。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都芝外1200m枠順別成績

外枠よりも4枠以内の内枠の方が好成績を収めています。
京都芝1200メートルは内回りコース。
スタートから最初のコーナーは316メートルと
比較的距離がありますが、
最後の直線は328メートルと短く
外を回らされるとロスになってしまう事が
枠順で成績が変わってしまう原因です。

また、京都内回りコースは外回りと違い
内枠が空く可能性が低いため
内枠の差し馬は減点が必要です。

続いて、種牡馬別の成績

京都芝外1200m種牡馬別成績

勝利数ではサクラバクシンオーが断トツの成績ですが
スウェプトオーヴァーボード、ファルブラヴ
フレンチデピュティなど外国血統産駒の活躍が目立ちます。
京都コースはスピードのある軽い走りをする馬が
活躍しやすい舞台ですが、1200メートル戦に限っては
パワー型の馬の方が活躍出来る事がわかります。

騎手別の成績も載せてみました。

京都芝外1200m騎手別成績

福永祐一騎手が勝利数ではトップですが
回収率の点から見てみると活躍出来る馬の傾向がわかりやすい分
リーディング上位の騎手がコンスタントに成績を残しているのがわかります。

騎手については深く考えなくても良いでしょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都芝外1200m人気別成績

一番人気の勝率や複勝率、馬券回収率はまずまずの数字です。
2,3番人気馬の成績はやや低めで、4番人気〜6番人気馬の
回収率が高い数値を示しています。

オッズと馬の実力の妙という感じですが
京都芝1200メートルに限らず
馬券は単勝10倍台が一番回収率がよく
この舞台も平均的な分布と言えます。

以上が特徴となります。

馬券考察の際に検討すべき要素は2つ
・内枠の方がやや有利(先行馬であればなお有利)
・パワー型の馬の方が好成績を収めている。

という前提を基に予想を組み立てていきましょう。
軽い馬場で力を出せなかったパワー型の馬を
見直すなど出来れば高配当も取れるでしょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。