2014シンザン記念、フェアリーSの出走有力馬の追い切りと気配


2014年シリーズが始まり、3歳重賞が始まります。
その先鋒となるのが、京都競馬場で行われるシンザン記念と
中山競馬場で行われるフェアリーSです。

注目はシンザン記念
こちらから出走予定有力馬を追い切り情報と共にみていきましょう。

【ミッキーアイル】
前走の千両賞では類い希なるスピードを見せての勝利
状態はさらに良くなっていると陣営。
マイルで最も強い競馬を見せる馬である可能性が高く
中山から京都へのコース替わりもスピードを見せられる舞台

【ウインフルブルーム】
前走朝日杯FSではしぶとく伸びて3着
現段階での走りとしてはスピードを生かすタイプではなく
推進力で伸びてくるパワー型に近いタイプに見える。
追い切りでは落ち着きを見せ、折り合い面の不安はなさそう。
京都競馬場に変わってどこまでやれるか

【モーリス】
京王杯では断然人気を裏切った物の前走は勝利
新馬戦での勝ちっぷりが嘘でないことを証明したが
本当の地力が問われるのは今回。
父スクリーンヒーローはスピードが勝ったタイプでしたが
祖父グラスワンダーはパワー型
追い切りでは調教師の想定以上のタイムで走り具合は良さそうなので
言い訳のできない一戦。
この馬の適性もここで判断出来そう。

【ワイレアワヒネ】
デビュー戦は圧巻の差し脚で4馬身差の勝利
ただ、舞台は阪神で父タイキシャトル譲りのパワフルな脚だったので
今回の舞台京都コースには一抹の不安を覚える。
ここもこなすようなら相当な大物と判断できる。

【ビップレボルシオン】
前走のラジオNIKKEI賞では惨敗したが
ここは仕切り直しの一戦。
調教師は阪神コースよりも京都コースの適正に自信を見せる。
本質的にどこまで走れるかを見極める一戦となる。

京都1600mのデータを載せてみました。

京都芝1600mの傾向を見るならココをクリックして下さい。

一方のフェアリーSは全て1勝馬という悲しいメンツです。
(地方実績のある馬は除く)
なので、1頭1頭を詳細に評価をする事は出来ません。

そしてこういうレースは馬券を買ってはいけないレースです。
出走する馬がどんな走りをするか分析するレースとして下さい。

レースの概要だけを簡単に話しておきましょう。
人気の中心は朝日杯FSに出走して2番目の上がりタイムを記録したグリサージュ
あとは1戦1勝と未知の魅力を残した馬たち
エクセレントビュー、オメガハートロック、ホットランナー
が続く形になります。

グリサージュは上々のレースをしたといっても9着
つけいる隙は十分にありそうです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。