カジノ法案とギャンブル依存症と競馬界の未来とビジネスと…

Pocket

昨年の話になりますが
国会でIR法案(カジノ法案)が通過しました。

この法案について色々と議論が出ていますが
私個人的にはどちらでもいいと考えています。

カジノを中心としたリゾート施設を作れば
それなりに賑わうと思うので、プラスの効果はあると思いますが
実際に上がる売り上げ、増加する外国人観光客は
たかがしれていると考えるからです。

と、私の意見はさておき話したい事は
この法案の可否ではなく、反対意見として上がっていた

「ギャンブル依存症を生み出すから良くない」

という意見です。

冷静に考えてみれば、カジノが出来たところで
頻繁に通える人は限られているでしょうし
(日本人の入場規制がかかる可能性もあります)
カジノでギャンブル依存症になるような人は大金持ちだけで
全体の数からみれば微々たるものです。

そんな日本ですが、先進国と比較して
ギャンブル依存症となっている人の数は
飛び抜けて多く存在しており、欧米諸国の数倍と言われています。

なぜ、それだけギャンブル依存症が多いのか?

それは「パチンコがあるから」です。

貴方もご存じの通り、日本の法律では
パチンコはギャンブルとは認められておらず
(省庁によって解釈が違う部分もありますが…)
「遊戯」として存在しています。

しかし、どう考えてもパチンコはギャンブルですよね。
普通に考えればそれは分かる事です。

では、なぜカジノにはギャンブル依存症となると異論がでるのに
パチンコにはギャンブル依存症になるから法で禁止すべき
という意見が出ないのでしょうか?

それはパチンコ業界が役人の天下り先になっているからです。

加えて言うと、国会議員もパチンコ業界から甘い汁を吸っています。

ですので、パチンコ業界は限りなく黒に近いグレーな状態でも
何のおとがめもありません。

ギャンブル依存症を本気で何とかしたいなら
パチンコにメスを入れる事は必須だと言えますが
それは遠い未来の話になりそうです。
(日本にとって良い事だとは思いませんが…)

そして、私達が愛している競馬ですが
パチンコがお咎めなく営業している限りは
競馬がギャンブル依存症の対象として規制される事はないでしょう。

興行的にも成功していますし、
売り上げの一部で公共事業なども行っていますからね。

これからも競馬は末永く愛される事でしょう。

そして、競馬を使ったビジネスも競馬が愛され続ける限り、続けていく事が可能です。

今回のカジノ法案が競馬にもたらす効果は極めて薄く
今まで通り競馬を楽しむ事が出来るので
余計な不安を感じることなく、楽しく競馬ライフを過ごしましょう。

競馬ビジネスでお金を稼ぐための方法を
無料講座という形でメルマガ配信しています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

https://beast-ex.jp/fx4558/business

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。