根岸Sの舞台|東京ダート1400メートル戦の特徴と分析


朝から東京競馬場に遊びに行くと必ずと言っていいほど
出会うレースが東京ダート1400メートル戦です。

この舞台を攻略することは平場レースの馬券を買うなら
決して無視することが出来ないです。
さらに重賞としては根岸ステークスが行われており
このダート1400メートルの特徴は抑えておきましょう。

最初にラップタイムを含めたコースの特徴です

東京ダ1400mラップ別成績

短距離戦なのでスタートダッシュが肝要です。
最初のコーナーまで441mありますが
スタートから2ハロン目までは速いペースを刻み
そこから約12秒のラップを刻みはじめ
501mの直線では耐久力勝負になります。

脚質別の成績を見てみましょう。

東京ダ1400m脚質別成績

ダートでも501メートルある直線コースの東京コースは
差し・追い込みが届くと思っている人が多いですが
ダート戦の鉄則は逃げ・先行馬有利です。

ただ、逃げ馬の勝利数よりは差し馬の勝利数が多いので
差し馬軽視は危険です。
あくまで先行脚質の馬を中心に予想を組み立てていきましょう。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

東京ダ1400m枠順別成績

大きく見ると5枠以降の外枠の成績が良いですが
相対的に見て、大きな有利・不利はありません。
最初のコーナーまで441メートルと長く
コーナー2つのコース設定は平等な舞台と言えます。

外枠有利はあくまで参考程度でいいでしょう。

続いて、種牡馬別の成績

東京ダ1400m種牡馬別成績

サウスヴィグラス、ワイルドラッシュといった
ダート種牡馬が幅を利かせています。
クロフネやアフリートなどのパワー型産駒よりも
ダートでもスピードがある馬が好成績を残しています。

サンデー系の種牡馬はそんなに信頼度は高くありません。

騎手別の成績も載せてみました。

東京ダ1400m騎手別成績

関東の大御所とも言える関東リーディング上位の騎手が
順当に好成績を残しています。
有利・不利のない舞台なだけに平均的な分布をしている事がわかります。
ひねって考える必要のない舞台です。

最後に人気別の成績を載せてみました。

東京ダ1400m人気別成績

1番人気の勝率34.9%と非常に高い数値を残しています。
2番人気以降の綺麗に平均的な減少をたどり
どの人気も回収率が競馬の期待値である
75%の中心に分布しています。

平等な舞台設定なので、順当な決着をしているという事がわかります。

以上が特徴となります。

今まで見ていれば分かると思いますが
脚質以外の点はすべての要素が平均的な分布を見せていて
素直に馬の実力を評価して予想を組み立てて大丈夫なコースです。

変にひねる事なくオーソドックスな予想をしましょう。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わりますよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。