フェアリーステークスと阪神ジュベナイルフィリーズ組が活躍する条件とは?

Pocket

今週は変則開催となり、日曜日には
シンザン記念、フェアリーステークスと
2つの3歳重賞が行われます。

ここではフェアリーステークスで走る馬を
前走別の成績から分析していきたいと思います。

主な前走別成績を見てみると

    単回収 複回収 複勝率 頭数
阪神ジュベナイル 106% 56% 30.8% 13頭
赤松賞 521% 153% 37.5% 8頭
新馬牝 55% 110% 37.5% 8頭
未勝利 0% 94% 20.0% 10頭

一番の注目は最も多い頭数を送りこんでいる
阪神ジュベナイルフィリーズ経由の馬。

最高峰であるGIからの臨戦の割には
成績が振るいませんが、それはなぜでしょうか?

それを紐解いていきたいと思います。

最初に地力面の問題です。

阪神ジュベナイルフィリーズに出走しているとはいえ
人気のない馬はそもそも実績の足りない馬、既に終わった馬が多くおり
そういった馬は好走する事が出来ません。

前走9番人気以内という条件で抽出すると

(単回収139%、複回収74% 複勝率40%) 10頭

と成績が若干上がってきます。

そして、前走9着以内という条件を加えると

(単回収136%、複回収96% 複勝率60%) 5頭

と更に成績が上がります。

要はある程度実力を評価されて、ある程度実績を見せている馬は
かなり高い確率で馬券に絡んでいる事が分かります。

適性面でいうと脚質が挙げられます。

ゆったりとした広いコースで地力勝負となる阪神マイルコースと
トリッキーで器用さ・機動力が必要となる中山マイルコース

阪神で後方にいてゆったりと構える競馬をしていた馬は
中山で好位に取りつくことが難しいので
GIで先行していた馬の方が成績を残せています。

前走4角9番手以内という条件を加えると

(単回収226%、複回収160% 複勝率100%) 3頭

とパーフェクトな成績。

阪神ジュベナイルフィリーズからの臨戦は先行力に注目ですね。

おまけに赤松賞経由の馬のポイントを一つだけお話しておきます。

こちらは阪神JF同様、東京マイルから中山マイルへの舞台替わりで
パワー勝負へ対応できる適性、そして機動力が問われます。

ですので、非サンデー系の種牡馬の方が好成績となります。
サンデー系の種牡馬を除くと

(単回収834%、複回収194% 複勝率40%) 5頭

と強烈な回収率を叩き出します。

フェアリーステークスを予想する上で
中山マイル戦という舞台を強く意識するといいでしょう。

今回の話とは別に馬券の回収率を上げるための方法は
私が発行しているメールマガジンでお話ししています。

登録は無料ですので、以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。