チャンピオンズカップ、東海Sの舞台|中京ダート1800mの特徴


2014年に新しく開設されるGIチャンピオンズカップ
実質ジャパンカップダートが変更されたレースですが
左回りのレースに変わることで国際競争力の高まりが期待されています。

そんなチャンピオンズカップが行われる舞台
中京ダート1800メートルを
色々な観点から考察して分析してみましょう。

まず脚質別の成績です。

中京ダ1800m脚質別成績

ダート戦の鉄則とも言える逃げ・先行有利の傾向は
中京ダート1800メートルでも健在です。
差し馬の勝利数は総数の少ない逃げ脚質よりも低く
前に行ける馬を積極的に狙いたいです。

また、スタートから最初のコーナーまでは
291メートルと非常に短く
行き脚のない馬は後方の位置どりを余儀なくされそうです。
テンの加速力も測って予想しましょう。

逆に後方から差して勝つ馬は相当力があると判断出来ます。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中京ダ1800m枠順別成績

内枠、特に1枠は成績が悪い事をはじめ
中枠→外枠→内枠と言った成績分布になっています。
中京競馬場は改装されたとはいえ
直線が長くはなく、コース特性上直線に入っても
内が空かない事から1枠の成績の悪さに繋がっています。

中枠で前にいく脚を持っている馬は
レースを有利に進める事が出来るでしょう。

続いて、種牡馬別の成績

中京ダ1800m種牡馬別成績

シンボリクリスエスが勝利数でも回収率でも抜けた数字です。
パワーを備えたスピード持続型の産駒が多いのが
シンボリクリスエス産駒の特徴です。

前に行けるスピードとダートをこなすパワーが備わっている馬が
中京ダート1800メートルをこなせる馬と言えます。

騎手別の成績も載せてみました。

中京ダ1800m騎手別成績

中京競馬は三場開催のローカル場所として行われる事が多いので
リーディング上位ではない騎手が多くランクインされています。

重賞の場合はリーディング上位の騎手が多く騎乗しますし
平場の場合は実績の乏しい騎手が多いので
そんなに騎手は気にしなくてもいいでしょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中京ダ1800m人気別成績

1番人気馬の勝率や連対率はまずまずの数字です。
が、回収率はいい数字ではありません。

中京ダート1800メートル戦に限らずに
単勝は10倍前後が一番回収率が高い訳ですが
この舞台でも同じ事が言えます。

以上が特徴となります。

1枠の人気馬、差し・追い込みの人気馬は
少し警戒するようにして予想を展開していく
馬はスピードを持続出来る馬を選択していくことが
中京ダート1800メートルコースを攻略する方法と言えます。

データを参考にして精度の高い予想をして下さい。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

予想に必要なデータの活用法から予想回収率アップの方法は
メールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

競馬に対する考え方や人生観が変わる事を約束します。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。