2014年中山金杯、京都金杯レース回顧と外国人騎手の取捨

Pocket

先日新年一発目に行われた名物重賞「中山金杯」と「京都金杯」
結果は双方とも外国人騎手が勝利を収める結果となりました。

予想にはたくさんの要素がありますが
騎手検討、特に外国人騎手の騎乗というのは
予想の中でもかなり大きな要素を締めます。

どんなに馬の状態が良くても、レースで騎手が
ダメにしてしまう事は頻繁に見受けられます。
もちろん騎手だけで買う・買わないを決めるのは論外ですが
狙いを定めた馬に乗る騎手には注目が必要で
もし、あなたが買いたいと思った馬がそれほど人気がない状態で
外国人騎手に乗り替わった、などの状態で有れば勝負していいですね。

では、東西金杯のレースを回顧していきましょう。

中山金杯はオーシャンブルーが勝利
今回は走る気を起こさせる為にブリンカーを装着
レースでは内をすくう形でロスのない競馬
完璧な形での勝利でしたね。

この馬はステイゴールド産駒らしく中山は走ります。
同様に気性に爆弾を抱えているため、
コンスタントに走り続けると言うことは難しいかもしれません。
走りの内容からして距離はもう少し長くても大丈夫でしょう。

2着のカルドブレッサはパワー型の末脚で2着
中山競馬場は型に合いそうです。
スピード馬場での競馬を直に見ていないので
そのあたりを判断出来れば、得意・不得意が分析出来そうです。

注目していたディサイファは3着
最後なんとか着を拾ったという感じで
切れのある脚は見せられませんでした。
もう少し軽い馬場の方が合うのかもしれません。
東京コースでもう一度この馬の走りを見てみたいですね。

その他では大敗したユニバーサルバンクは
もう少しゆっくりと競馬が出来る舞台の方が走ってくれそうです。
距離は長くてもいいかもしれません。

京都金杯はエキストラエンドが勝利
オーシャンブルー同様、内をすくってロスのない競馬からの完勝
直線で見せた瞬発力は素晴らしく、マイルの適性はかなり高そうです。
今回は持っているスピードを存分に見せてくれたので
パワー型の馬場でどのくらいやれるかを見たいですね。

パワーも見せられれば、GIが見えてきます。
兄ローエングリンの適性から見れば、
全くのからっ下手という事はなさそうです。

2着のオースミナインは勿体ない競馬でした。
後方で折り合いを欠き、勝負所の仕掛けが遅い状態で
あれだけの脚を使ってきたので
鞍上がしっかりとエスコート出来れば重賞は勝てます。
福永騎手から外国人騎手に乗り替わった時は勝負していいでしょう。

注目したガルボは3着
岩田騎手はペースを読んで、後ろに少し下げたところから
追い出し上手く乗ったので、この馬のスピード馬場適性の低さが
今回の着順になってしまったといえるでしょう。
冬の時期は体調がいいですし、舞台が整えば再度好走は可能でしょう。

その他では2番人気に支持されたメイケイペガスター
道中かかっていましたね、
気性の成長があれば安定した成績を残すことが出来る馬ですが
もう少し時間が掛かりそうです。
もしくは騎手が折り合いをがっちりとつけられるタイプの
騎手の変わったときは要注意ですね。

メルマガ限定で平場の注目馬もあげています。
登録は無料なので、良かったらどうぞ。

無料メールマガジン登録はコチラ

スポンサードリンク