データの少ないみやこステークスとシリウスステークスの関係を探る

Pocket

今週の京都日曜重賞はみやこステークス

チャンピオンズカップに向けたトライアルレースですが
平坦京都で行われるレースなので
意外に本番には繋がりにくい点も特徴として挙げられます。

まずは前走別成績を見てみましょう。

    単回収 複回収 複勝率 頭数
シリウスS 0% 62% 20.0% 15頭
エルムS 93% 46% 33.3% 6頭
ブラジルH 468% 252% 60.0% 5頭
白山大 0% 100% 40.0% 5頭

この形になって過去6年のデータしかないので
全体的に母数が少ないのですが
シリウスステークスの関係だけ掘り下げていきましょう。

京都ダート1800mはスピード勝負になりやすい舞台
速い上がりの脚を使える馬で抽出してみましょう。

前走上がり3F5位以内の馬で条件を絞ると

(単回収0%、複回収85% 複勝率27.3%) 11頭
と成績が上がってきます。

母数が少ないがゆえに、大きな傾向はこれくらいで、
細かいデータは絞れませんでした。

理論的に考えるとパワーが重要とされるシリウスステークスに対して
スピードが必要なみやこステークスという形なので
スピード能力のある馬を選んでいくといいでしょう。

参考までに前述の条件プラス5歳馬で絞ると

(単回収0%、複回収235% 複勝率75%) 4頭

成績が安定します。

こちらは参考程度にして下さい。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。