天皇賞秋でのルージュバックの敗因と今後GIを勝てる条件を考える。

Pocket

先日行われた天皇賞秋はマイル王モーリスが
早め抜けだしから最後まで押し切って完勝

その実力を見せつける結果となりました。

その裏で重賞連勝からレース迎えた3番人気ルージュバークは7着と敗れました。

このルージュバックの敗戦について
この馬の敗因、そしてどんな条件だったらルージュバックが
GIを勝つ事が出来るのか など

さすがファンの多い馬なので、いくつか質問を頂きました。

今日はここについて私の見解を話したいと思います。

天皇賞・秋の敗戦の理由として真っ先に挙げたいのは
「毎日王冠の内容が悪すぎた」という点です。

例年、毎日王冠は内枠・前残りになることが多いですが
今年の毎日王冠は差し有利の外伸び馬場でした。

このレースをルージュバックは後方から進めて
最後直線で豪快に伸び、アンビシャスを競り落として勝利

ヒストリカルが3着に入るくらいですから
どれだけ外差しが有利だったか分かると思います。

展開に恵まれたレースをしてしまった時点で
天皇賞はこれ以上展開に恵まれる事はなく
ルージュバックが天皇賞で辛いレースとなる事はほぼ確定してしまいました。

そして、最後豪快に伸びきって勝利した事により
力を100%近く発揮してしまいました。

これにより天皇賞では毎日王冠での走りの反動が出る確率が
限りなく高くなってしまいました。

つまり、調子落ちがほぼ間違いない状況になったという事です。

この2点でかなり勝利からは遠ざかってしまった訳ですが
ルージュバックが天皇賞で走れなかった理由はもう一つあります。

それはこの馬が精神的にも肉体的にもタフではないという点です。

少頭数のきさらぎ賞で揉まれずに圧勝して
他頭数、相手強化の桜花賞で揉まれて惨敗
という結果があるように、

この馬は広いコースで気分良く走れた方がいい馬です。

そういった意味では今回の東京芝2000mという舞台は悪くないのですが
相手が強化されて、頭数が増えたという点で
辛い舞台になってしまった事は間違いありません。

この2点がルージュバックの敗因だと考えています。

決して能力がGIレベルに達していないからではありません。

では、どんな舞台ならルージュバックはGIを勝てるのか…

それは先ほど言った好条件を全て満たしたときに
勝つ確率が高くなってきます。

広いコースで、少頭数で、消耗が少ない条件

という事ですね。

GIで極端な少頭数というのは臨みづらくはありますが
休み明けかレースで惨敗した後のレースで京都・東京で行われるレース

という感じですね。

つまり次走がジャパンカップかエリザベス女王杯なら
結構チャンスはあるのではないかと思っています。

ルージュバックは私も好きな馬なので
是非、次走活躍してほしいですね。

無料で「回収率アップ講座」というメールマガジンをやっています。
興味がある方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック