菊花賞と神戸新聞杯、セントライト記念の関係性と好走の秘密

Pocket

今週のメインレースは菊花賞

3歳クラシック最終戦となるレースですが
前走レースからの臨戦別成績を見ていき
馬券攻略のヒントを見つけていきましょう。

まず前走レース別の成績ですが

     単回収 複回収 複勝率 頭数
神戸新聞杯 156% 106% 34.5% 58頭
セントライト 0% 50% 15.4% 26頭
東京優駿 223% 61% 16.7% 6頭
兵庫特別 0% 77% 25.0% 4頭

となっています。

質・量共に神戸新聞杯組が圧倒しており
セントライト記念組はそれなりに出走馬がいるものの
かなり劣勢となっています。

この神戸新聞杯とセントライト記念について
掘り下げて見ていきたいと思います。

まずは神戸新聞杯ですが、スタミナが豊富な大型馬が好成績です。
(ちなみに神戸新聞杯組に限らず菊花賞は大型馬が強いです)

480kg以上の馬という事で絞ってみると

(単回収174%、複回収128% 複勝率39.5%) 38頭

成績が良くなります。

神戸新聞杯は上がり勝負になる事が多いのですが
上がりが速かった馬は好成績を収めています。

(長距離戦なので折り合い面なども関係しています)

それも最後方からレースが終わってから伸びてくるような馬ではなく
中団あたりからしっかりとした末脚を繰り出せている馬が
菊花賞で成績を残しています。

前走上がり3F1,2位だった馬で抽出してみると

(単回収200%、複回収148% 複勝率81.8%) 11頭

上記に加えて前走4角9番手以内だった馬

(単回収203%、複回収162% 複勝率88.9%) 9頭

かなりの高確率である事が分かります。

上がりの脚を素直に信頼しましょう。

ちなみに上がり3F4位以下だった馬ですが

(単回収187%、複回収113% 複勝率22.2%) 36頭

と苦戦をしていますが、回収率は100%超えとなっています。

上記の条件に加え前走5番人気以下だった馬の成績は

(単回収374%、複回収198% 複勝率33.3%) 18頭

そして、480kg以上の馬に絞ると

(単回収442%、複回収272% 複勝率40%) 10頭

と回収率はかなり優秀な成績。
穴馬を狙うなら上の条件を満たす馬を見つけた方がいいでしょう。

一方のセントライト記念ですが、
こちらは神戸新聞杯と比べるとレベルが落ちるメンバー構成なので
しっかりと成績を出した馬でないと通用しません。

前走3着以内という条件で絞ると

(単回収63%、複回収80% 複勝率23.8%) 21頭

と少しまともな成績になります。

ちなみに4着以下は12頭いて馬券絡み0頭
セントライト惨敗組を狙うのはちょっと無理筋ですね。

そして、神戸新聞杯でも適用した馬体重の要素
480kg以上の馬だと

(単回収95%、複回収103% 複勝率28.6%) 14頭

ここではじめて回収率が100%近くなりました。

もう一つ条件を加えましょう。
神戸新聞杯と同様に前走4角9番手以内という条件を加えると

(単回収103%、複回収111% 複勝率30.8%) 13頭

最後に上がり3F1,2位という条件を加えると

(単回収0%、複回収216% 複勝率60%) 5頭

とだいぶ信頼度が上がってきます。

ちなみに昨年菊花賞とセントライト記念を勝った
キタサンブラックは上がりの脚を使えていないので
上の条件には当てはまっていません。

スタミナ・折り合いを前提として能力を見ていくといいでしょう。

それでは、今週も頑張りましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。