旧朝日杯、京成杯AHの舞台|中山芝マイル1600mの分析・特徴


2014年から朝日杯FSは阪神競馬場に舞台を移し
中山マイル戦から卒業という形になりました。

しかし、京成杯AHやフェアリーSなど
中山競馬場芝のマイルを舞台とした重賞は
まだ行われていきます。

そこで中山芝1600mの分析して特徴を洗い出し
馬券検討に役立てていきたいと思います。

最初に平均ラップからコースの形態・特徴を見てみましょう。

中山芝1600mラップ別成績

スタートから239mという短い距離で最初のコーナーへ
ポジション争いと下り坂で2ハロン目からは12秒を切るペースで進み
800mを過ぎてから徐々にスピードダウン、直線でもペースはあがらず
最後310mの直線も上り坂でさらにペースを落としてゴールするコース設定。

まず脚質別の成績です。

中山芝1600m脚質別成績

スタートしてから最初のコーナーに入るまでが
239mしかないコースなので、先手を取った馬の好走が目立ちます。

特に逃げ馬の勝利数は特筆すべき数字で
テンのスピードがある馬を狙っていきたいところです。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中山芝1600m枠順別成績

以前までの朝日杯FSでは散々話題になりましたが
外枠が致命的な不利を受けていると言われていました。

確かに1〜4枠の馬は5〜8枠の馬よりも成績がいいのがわかります。
特に7,8枠は勝率、連対率が低いと言えますが
全くのノーチャンスという訳ではありません。

枠順だけではなく、脚質・テンのスピードも
関連させて有利不利を判断するといいでしょう。

続いて、種牡馬別の成績

中山芝1600m種牡馬別成績

勝ち星で言えばキングカメハメハが首位ですが
活躍が目立つのはダイワメジャー産駒
スピードとパワーを備えたダイワメジャー産駒が
最も力を出せる舞台であると言えます。

そして、能力の高さからどの条件でも好走をしている
ディープインパクト産駒は非常に不調です。
非力で軽い走りをする馬、スタートはゆったりとした馬が多い
ディープインパクトの子供は能力が高くても絶対視は禁物です。

騎手別の成績も載せてみました。

中山芝1600m騎手別成績

勝ち星としてはリーディング上位の騎手が順当に来ていますが
回収率が高い、松岡騎手、田辺騎手辺りの特徴である
積極性が先行押し切り脚質が活躍する舞台とマッチしています。

流れに乗ってタイミングを図るタイプの騎手は
少しだけ割引が必要でしょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

中山芝1600m人気別成績

1番人気の信頼性はボチボチです。
回収率からいえば、期待値通りと言えますが
2番人気以降の回収率の方が高いので
有力馬の中で勝ち馬を探した方が的中の近道です。

パワーで走る内枠の先行馬がこのコースの理想といえます。

まずは馬の特性を絡めて脚質・パワーの度合いを計る事が重要です。
有力馬の中で上のタイプがいれば、是非その馬を絡めていきましょう。
中山マイル戦をしっかりと的中させて下さい。

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。
データを活用して予想するなら、KLANはめちゃくちゃ使えるので
自身で使ってみて下さい。会員登録は基本無料で1分あれば登録出来ます
(有料版の会員登録もありますが、無料版で十分だと思います)

KLANへの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。