毎年波乱必至の北九州記念なのに今年は波乱が期待できない訳とは

Pocket

今週の重賞は北九州記念です。

サマースプリントシリーズの1戦で
今年出走を予定しているベルカントが
このレースを勝てば早々とチャンピオンが決定しそうな1戦です。

例年波乱含みのレースではありますが
今年は波乱の目はなさそうです

一番の要因は少頭数であるということ。

頭数が少ないと流れも落ち着き、不利を受ける可能性も低いので
順当な結果に落ち着く事が多くなります。

加えて、今年はベルカント1強の様相を呈しています。

そのあたりの各馬の評価は動画で行っているので
時間がある時に確認してください。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。