悪徳と口コミ情報が出回る予想家ナツは詐欺師なのかを考察した

Pocket

このブログや私のメルマガでは、

「競馬予想会社=インチキ」

という事を一貫して話していますが
個人で競馬のブログやメルマガを運営している人もたくさんいます。

そんな個人ブロガーで有名な方の噂について
私なりの見解を話したいと思います。

今回取り上げるのは「競馬予想家ナツ」さんです。

メルマガ会員数は1万人を超えて
ブログランキングでも常にトップレベルをキープする
ナツさんですが、会員数がべらぼうに多いということもあり
ネットで検索すると「詐欺」やら「インチキ」やら「悪徳」やら
ネガティブな言葉が並んでいます。

果たして本当に「詐欺」なのでしょうか?

ナツさんのメルマガを読んでいて
有料メルマガも購読したことがある
私がお答えしたいと思います。

最初に「ナツさんは詐欺師かどうか?」という
一番大きな疑問にお答えしましょう。

答えは詐欺師ではありません。

そもそも詐欺とは何なのでしょうか?
馬券を外すと詐欺になるのでしょうか?

それなら世の中全ての予想家が詐欺師だという事になってしまいます。

ですので「馬券を外す=詐欺」ではありません

競馬における詐欺というのは
「私のメルマガに申し込めば絶対に儲かる」
と言って相手からお金を貰いながら、
儲けが出ないという結果をもたらす事を言います。

世に言う競馬予想会社がやっている事ですね。

明らかに嘘だと分かるような実績を載せて
明らかに嘘だと分かるような読者の声を載せて
明らかに嘘だと分かるような情報を載せて

相手にお金をぶんどる

これなら詐欺だという意見はよく分かります。

ただ、ナツさんはそんな事はしていません。

自分の競馬予想に対する思いや
競馬に対する思いを通常のメルマガで語って
共感して貰える人にだけ有料のメルマガをオファーしているだけです。

有料のメルマガに申し込む際には

「考え方を学んで欲しい」という事と
「予想の丸乗りはしないで欲しい」という事を話しており

上記に同意できない人は申し込まないで下さいとしっかりと話しています。

これで詐欺だと言ってしまったら、世の中の商売のほぼ全てが詐欺です。

では、なぜナツさんが詐欺だと言われてしまうのか?

それはメルマガやブログを読む中にレベルの低い読者がいるからです。

もう少し具体的に言うと

自分の実力の無さを他人に転嫁することでしか憂さ晴らし出来ない人達がいる

という事が理由ですね。

競馬以外の事に例えてみれば分かります。

例えば、東大に行きたいから参考書を買った
でも、東大の受験に落ちてしまった。
だからこの参考書は詐欺教科書である

と訴えている人を周りから見たらどうでしょうか?

野球が上手くなりたくてイチローの金言集を買った
でも、プロ野球選手になれなかった。
だからイチローは詐欺師である

と訴えている人を周りから見たらどうでしょうか?

どちらを見ても本人の努力と才能が
東大生やイチローと比較して圧倒的に劣っていたからの
結果であり、本のせいではない事が分かると思います。

ナツさんの事を詐欺師呼ばわりしている人達も
上の例で出した人と大差ありません。

そういう人達に引っ張られて努力をしない人間に染まるのか
レベルの高い人達に引っ張られて努力をする人間でいるのか?

それを選択するのは個人の自由ですが
私はレベルの高い人達と一緒にいる人生の方が楽しいと思います。

と良いことばかり言っているとうさんくさいので
私がナツさんの有料メルマガを読んでいて
もう少し改善した方がいいなぁと思った点も話しておきます。

それはレース回顧が雑である点とレースの予想となる根拠が少ない点です。

特にレース回顧は回収率を上げるためには必要な事なので
もう少し丁寧に分析をして貰えた方が
自分の見解と照らし合わせる事が出来ていいなと感じました。
(または予想時に前走の回顧を織り交ぜながら話すなど)

私のメルマガは最初からレベルの低い人は排除して運営していますが
ナツさんのメルマガはオールカマーでやっているようなので
興味があったら2つとも登録してみて下さい。

高いレベルを知ることは良いことですので。

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。