秋華賞の見所と有力馬の追い切り情報と見所をチェック

Pocket

秋華賞の見所と有力馬の追い切り情報と見所をチェック

今週は3歳牝馬クラシックの最終戦秋華賞が行われます。

なぜ秋華賞はクラシックというカテゴリに入っていないようですが
3冠レースなので、気にせずいきましょう。

今回の秋華賞はかなりの混戦です。
トライアルのローズSが終わった段階では
いかにも叩き台というレースをしたメイショウマンボが
有力と思われていましたが、追い切り・気配を含めて
有力馬の解説をしていきたいと思います。

【メイショウマンボ】
馬としては準備万端という体制で来ているが
鞍上武幸四郎騎手が京都内回りのコースをしっかりと
さばいて来られるのかという点で一抹の不安が残る。
ただ、1400mのフィリーズレビューでも
2400mのオークスでも強い競馬をした点を考えると
能力は現3歳世代ではトップと言える。

【デニムアンドルビー】
静の調整でここに挑むのでとりたてて強気という感じはない。
能力は間違いないものの、前走も出遅れて最後方から豪快な差しきり
エンジンのかかりも遅い馬で京都内回りの舞台は不得意と言える。
危険な人気馬の筆頭。

【エバーブロッサム】
今年は堅実に走っていたが、前走で思わぬ大敗。
状態面が戻っているどうかが最大の焦点。
ただ、前走同様関西圏への輸送はマイナス材料
強くは推せない。

【ローブティサージュ】
調子は維持といった形で極上の仕上げとはいかないが
前走ローズSは先行した馬の中で健闘した。
今回は展開がガラリとかわる可能性が高く
鞍上を含めて、このレースで一番怖い馬

【トーセンソレイユ】
前走は極端なプラス体重で出走して惨敗。
成長分か太め残りかという議論はあるが
太め仕上げがあったのは明白。
今回はどれだけ仕上げたかにもよるが気配は薄く
急に良くなるほど、前走の状態が順調でなかったことはたしか。

【スマートレイアー】
坂路で抜群の動きを見せて気配は抜群。
1000万条件からの挑戦で普通に考えれば厳しいが
秋華賞は紛れも多く、条件戦からの参戦も通用する舞台。
ただ、過剰な人気が予想され切りの一手

今週は非常に難しいレースですが、
守りではなく攻めの予想をしましょう。

スポンサードリンク