マイルCS、京都金杯の舞台|京都芝1600m外回りの分析と特徴


マイルチャンピオンシップ、京都金杯で行われる京都競馬場外回り芝1600メートル。

この京都芝1600mコースの特徴を脚質別成績、種牡馬成績、枠順別成績など
様々なデータを用いながら分析していきます。

京都芝外回り1600m(マイル戦)を舞台に行われる重賞は

GI:マイルチャンピオンシップ
G2:マイラーズカップ、デイリー杯2歳ステークス
G3:京都金杯、シンザン記念、京都牝馬ステークス

京都のマイル戦は内回りと外回りがありますが
重賞レースを始めとしたグレードの高いレースは
外回りコースで行われます。

 

この舞台設定はどんな馬が得意なのかを分析してみましょう。

 

まずはラップタイムを含めたコースの特徴から見ていきましょう。

京都芝外1600mラップ別成績

スタートしてから最初のコーナーまで711mと
かなり長い距離の直線を走ります。
コーナーに入ってから上り坂に入るので、そこで若干のペースダウン。
下り坂に突入してからスピードアップして
404mをそのままのスピードでゴールします。

最後の1ハロンもさほどラップが落ちない事も特徴です。

 

まず脚質別の成績です。

京都芝外1600m脚質別成績

どの競馬場全般に言える事ですが
勝率や回収率でいえば逃げ・先行馬の成績がいいです。
しかし、一番多くの勝利数をあげているのは差し馬。

1着・2着の数は先行馬と差し馬は双璧で
極端な追い込み馬以外はどの馬を狙ってもOKです。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

京都芝外1600m枠順別成績

スタートしてから第一コーナーに向かうまでに
700mの距離があるので一見有利不利はなさそうですが
勝率・連対率を見ると内枠→中枠→外枠の順番で成績が並んでいます

距離がある分、無理な位置どりをしないため
枠を維持したまま最初のコーナーに向かい
外枠の馬が外を回らされたままコーナーを曲がる事で
このような有利不利が生まれるのだと推察されます

枠順は頭に入れておきたいところですね。

 

続いて、種牡馬別の成績

京都芝外1600m種牡馬別成績

勝ち星ではアグネスタキオンがトップです。
瞬発力を活かすタイプよりもスピードを持続させるタイプの
種牡馬が活躍しているのがわかります。

4コーナーの下り坂からスピードに乗ってゴールを目指す
というタイプが京都外回り1600メートルをこなしているので
極端な瞬発力型、パワー型は敬遠したいところです

 

騎手別の成績も載せてみました。

京都芝外1600m騎手別成績

1位岩田騎手、2位武豊騎手、3位和田騎手と
勝ち星や連対率だけではなく、単複での回収率が高いのが特徴
4コーナーの下り坂を上手く御して馬をエスコート出来る
3人の騎手は積極的に狙いたいところです。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

京都芝外1600m人気別成績

1〜3番人気よりも4〜7番人気の馬の回収率が高い事がわかります。
京都外回り1600メートルにジャストフィットした馬や騎手が
絶対能力の高い馬を逆転出来る舞台であるという証明でしょう。

予想する際にはその馬の京都外回りコース(特に1600メートル)
実績に注目して下さい。

馬の特性を読んでいけば思わぬ高配当をGET出来そうな舞台です。

 

今週の重賞で注目している馬は以下をクリックすると見られます。
注目しているのは期待値の高い

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は以下をクリックして登録して下さい。(無料です)

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。