皐月賞、弥生賞、中山金杯の舞台|中山2000mコース分析・特徴

Pocket

皐月賞や中山金杯で行われる中山競馬場芝2000メートル。

 

この舞台設定はどんな馬が得意なのかを分析してみましょう。

最初にラップタイムを踏まえたコース形態から見てみます。

2014y04m19d_152652872

スタートから最初の直線は404m
コーナー1周のコースは上り坂がありますが
登り終わってからは一気にハイペースでのポジション取りが繰り広げます。

その後、ペースは落ちますが向こう正面、残り1000mくらいから
緩やかな下り坂と共にペースが上がります。
そのまま惰性でゴールまで突入する形
ラスト1ハロンは登りでタイムが落ちてゴールインというコース設定です。

 

次に脚質別の成績です。

中山芝2000m脚質別成績

中山競馬場全般に言える事ですが
逃げ・先行馬が強い舞台です。

中団より前につけられる自在性が必要で
差し馬・追い込みタイプでは
4コーナー辺りからまくっていける
推進力と反応の良さが必要になります。

 

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

中山芝2000m枠順別成績

スタートしてから第一コーナーに向かうまでに
距離があるので、極端な有利不利はありません。

ですが、単勝・複勝回収率でいうと内枠は若干数値が悪いです。
行き足のつかない馬が内枠に入った時は
外から被されていいポジショニングが取れない事が影響しています。

内枠の差し馬、追い込み馬は割引が必要でしょう。

 

続いて、種牡馬別の成績

中山芝2000m種牡馬別成績

勝ち星ではキングカメハメハがトップですが
回収率ではシンボリクリスエス、ジャングルポケット、ハーツクライなど
切れ味よりもパワー・推進力をウリにしている
産駒が活躍しているのがわかります。

あくまで大まかな特徴なので、その馬自身が
推進力型のパワフルな走りをするか
瞬発力型の軽い走りをするかを
見極めておく必要があります。

 

騎手別の成績も載せてみました。

中山芝2000m騎手別成績

ここについては乗り馬の関係もあるので、
騎手によって得意、不得意を断定する必要はありませんが
前につけている馬が得意な舞台なので
積極的にレースを運ぶタイプの騎手の方がやや有利です。

 

最後に人気別の成績を載せてみました。

中山芝2000m人気別成績

1番人気の馬は成績ほどほどですが
2,3番人気の馬は高い回収率を誇っています。
コースとしての有利不利が少ない分
それほどの波乱度合いの高いコースではないと言えます。
中山2000メートルの舞台といえば
皐月賞、弥生賞、中山金杯などがあります。

馬の特性を判断すれば、当てやすいレースと言えますね。

 

また、今回のデータは競馬情報サイト『KLAN』から引用しています。

 

「KLAN」の活用方法や予想に必要なデータの活用法から
予想回収率アップの方法はメールマガジンで話しています。

「競馬で儲けたい」、「馬券の精度を上げたい」
そう思っている人は登録して下さい。(無料です)

 

登録は以下をクリックすると出来ます。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

 

馬券に対する考え方が一変しますよ。

スポンサードリンク