リオンディーズは世代最強馬?エピファネイアとの比較と能力分析

Pocket

先日の日本ダービーはマカヒキが最高のレースを見せて勝利
見事世代の頂点へと輝きました。

2着サトノダイヤモンドも横綱相撲で強い内容の競馬を見せました。

3着ディーマジェスティは力負けながらも
皐月賞馬らしい競馬を見せました。

この世代はとてもレベルが高く、上位3頭の馬は
間違いなく能力の高い馬達ですが

世代ナンバーワンの能力を持っている馬は?

と聞かれたら私は リオンディーズ と答えます。

皐月賞は4着(降着で5着)、日本ダービーも5着と
クラシックではいいところが見られませんでした。

ただ、皐月賞は暴走して超ハイペースの中を粘りきる内容
日本ダービーは後方待機ながら終始かかって競馬にならなかった内容

である事を考えると力負けでない事は明らかです。

とにかく気性が激しく、操縦が難しいために能力を出せていない

これがリオンディーズの現状です。

朝日杯でのパフォーマンスは素晴らしいものでしたし
負けはしたものの弥生賞、皐月賞のパフォーマンスを見ると
マカヒキよりは上のものを持っていると評価出来ます。

日本ダービーを実力で勝ったマカヒキよりも上のものを持っているのですから
この世代で一番能力が高いのはリオンディーズであるという結論になるのですが

気性が勝ちすぎていて能力を出し切れていないというのは
兄であるエピファネイアも同じでした。

世代屈指の実力を持ちながら
皐月賞、日本ダービーでは2着

相手が手薄になった菊花賞こそ勝ったものの
古馬になってからは泣かず飛ばずの成績

このまま終わってしまうかもと思われたときに
ジャパンカップを5馬身差で圧勝しました。

騎乗したスミヨン騎手は

「最初から最後までずっと掛かっていた。
 それでこの勝ち方なのだから、日本の歴代最強馬だと思う」

とコメントしていました。

このあたりはエピファネイアとリオンディーズはよく似ています。

リオンディーズも有り余る能力を現在発揮できていない状態なので
気性面で改善があれば、GIを複数勝つようなスーパーホースになるでしょう。

ただ、競馬は能力が高いからといって勝てるわけではないのが奥の深いところ

秋以降にリオンディーズがもう少し大人になってくれることを期待しましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。