2013年最後はホッコータルマエ!東京大賞典レース回顧

Pocket

昨日は大井競馬場で東京大賞典が行われました。

9頭立て、実質は4頭立ての寂しいメンバー構成となりましたが
年末のGIを締めくくるダートのエースの戦いでした。

勝ったのはホッコータルマエ。

ジャパンカップダートでは断然人気を裏切る3着でしたが
ここは完勝でした。
馬の特性として中央の軽いダートよりも
地方競馬の深いダートの方が合うのは間違いありません。

2014年もダート界はこの馬が主役となるでしょう。

2着はワンダーアキュートが入りました。

地力はあるんですが、勝ち味に遅いですね。
昨年2着に来た時は今年は衰えてくるかと思いましたが
今年一年活躍してくれました。
来年も安定した力を見せてくれるでしょう。

期待したニホンピロアワーズは3着
状態面は上昇していたと思うんですが
完全に力負けという内容でした。
ホワイトマズル産駒でパワー型ですが深い馬場が合わないのか
実は状態面が上昇していなかったのか
次走を見て判断をしましょう。

ゲートで暴れたローマンレジェンドはまさかの6着
このメンバーでの6着は致命的な敗戦です。
これだけの負けは精神的なものが原因なので
復活は容易ではありません。
このまま終わってしまう可能性の方が高いでしょう。

馬券は非常に寒かったですね。

まあ、当たるレースなので縁起物としては良かったですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。