日本ダービーと皐月賞、青葉賞、京都新聞杯の関連性についての分析

Pocket

今週のメインレースは日本ダービー

サラブレッドの頂点を決めるレースです。

今年は例年になくハイレベルですが
このレースを的中するべく
日本ダービーを好走している馬の特徴をまとめていきます。

まず日本ダービーの主な臨戦課程を見てみると

皐月賞(単回収117%、複回収102% 複勝率32.1%) 53頭
京都新聞(単回収26%、複回収82% 複勝率27.3%) 11頭
NHKマイル(単回収32%、複回収48% 複勝率18.2%) 11頭
青葉賞(単回収0%、複回収84% 複勝率20%) 15頭

(単勝オッズ50倍以下のデータ)

好走率、単複回収率共に皐月賞組が圧倒しています。

皐月賞はレベルの高い馬達だけが集まってくる舞台
その層の厚さが、そのまま成績に反映されているのが分かります。

ということで、最初に皐月賞が日本ダービーと
どのようにリンクしているのかを確認していきます。

まず、脚質に注目します。

前走4角12番手以内という条件で絞っていくと

(単回収152%、複回収132% 複勝率41.5%) 41頭

と全ての数値がアップ

直線の短い中山から直線の長い東京へ
という事で差しが届きそうなイメージがありますが
実際は差し・追い込み馬は苦戦傾向にあります。

この前提に前走上がり3位以下という条件を加えると

(単回収192%、複回収151% 複勝率40.7%) 27頭

先ほどの条件と同様に差し・追い込みよりも先行馬の方が好走しているという事が分かります。

ちなみに前走4角4番手以内という条件で絞ってみると

(単回収102%、複回収216% 複勝率58.3%) 12頭

先行脚質の有利さが顕著ですね。

もう一つのパターンで条件を絞ってみましょう。

皐月賞で3着以内という条件で絞ってみると

(単回収204%、複回収83% 複勝率37.5%) 24頭

複勝率は上がるものの複勝率は下がってしまいます。

ここに前走上がり1,2位という条件を加えてみると

(単回収49%、複回収56% 複勝率30.0%) 10頭

と、かなり数値が悪くなってしまいます。

皐月賞を速い脚で差して好走した馬は苦戦傾向にありますね。

 

青葉賞と京都新聞杯も簡単に見ていきましょう。

双方共に前走1着という条件は必須です。

青葉賞 前走1着(単回収0%、複回収127% 複勝率30%) 10頭
京都新聞杯 前走1着(単回収36%、複回収113% 複勝率37.5%) 8頭

皐月賞と比較して格段にレベルが下がる戦いなので
ここで勝てないようでは上では通用しません。

そして、血統面を見てみるとサンデー系種牡馬の産駒が活躍しています。

青葉賞 サンデー系種牡馬(単回収0%、複回収211% 複勝率50%) 6頭
京都新聞杯 サンデー系種牡馬(単回収58%、複回収182% 複勝率60%) 5頭

日本ダービーはスローペースになることが多いので
道中で脚をためて爆発させることの出来るサンデー系の馬と
適性が合っている事が分かりますね。

以上です。

今週の重賞注目馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。