日本ダービーと目黒記念の同日開催は賛成?反対?

Pocket

今週のメインレースは日本ダービーですが
現在は重賞目黒記念と同日開催となっています。

これは「日本ダービー」という競馬界最大のイベントを盛り上げる

という演出のこもったプログラムで
日本ダービーを光らせるという意味で一役買っていますが
目黒記念という重賞が目立たなくなってしまうという
デメリットも同時に発生するプログラムであります。

メリット・デメリット双方ありますが、果たしてどっちがいいのでしょうか

私は日本ダービーと目黒記念の同日開催は反対です。

反対の理由は2つあります。

一つ目は、目黒記念という重賞レースを楽しめないこと

前のレースが日本ダービーという大イベントなため
目黒記念はついでの行われる重賞というイメージが強く感じます。

資金的にも日本ダービーで全力投球した後なので
目黒記念に通常の重賞と同額の予算を投入しづらいのは
私としては非常に残念です。

競馬場もWINSも非常に混み合っているので馬券も買いづらいですね。

もう一つの理由は、土曜日のプログラムが薄くなるという点

目黒記念が日本ダービーと同日開催になるため
その前日である土曜日は重賞なしというプログラムになります。

土曜日に競馬場やWINSに遊びに行くのに
重賞がないというのは寂しいものです。

以上の理由から私は反対をしています。

日本ダービーを盛り上げるイベントは
目黒記念を設置する以外にも多数あると思いますし

プログラムはプログラム、イベントはイベント

というようなメリハリのついた運営をした方が
競馬ファンも楽しめるのではないかと思います。

JRAサイドとしても同日開催よりも別日開催の方がメリットがあります。

以前、ジャパンカップとジャパンカップダートを同一週に
開催するというプログラムを組んでいましたが
これも今は別週に分かれました。

競馬ファンが馬券に使う予算は
たいてい「1週間○○円」という形です。

いくら大きなレースを詰め込んでも
競馬ファンが使うお金は変わりません。

安易にプログラムをいじるのではなく
競馬ファンが楽しめる適正なプログラムを組むことが大切ですね。