マリアライトは東京コースでも牡馬相手に勝ち負けできるのか

Pocket

今週の東京重賞は日本ダービーと 目黒記念 が行われます。

日本ダービーと同日に行われるので
かなり影の薄いレースではありますが
1頭注目の馬が出走します。

その馬は マリアライト です。

前走の日経賞では、展開が向かなかったにもかかわらず
一線級を相手に3着と好走

有馬記念でも4着と地力強化の著しいディープ産駒

見せてきた実績からいえば、ここは断然の存在ですが
この馬の適性は急坂のある中山がベストなパワータイプ

直線が長く、スピードと持久力が問われる東京コースは
間違いなくマイナスでしょう。

そのマイナス条件をどうやってこなしていくのか
というところが今回のレース、最大の見所でしょう。

単勝2倍台になるようなら期待値の側面から厳しいですね。
逆に単勝5倍台なら迷わず「買い」ですね。

もう1頭の有力牝馬 タッチングスピーチ

こちらは末脚特化型なので、成績にはムラがありますが
京都記念2着があるように牡馬相手でも通用する地力と破壊力があります。

2500mという追い込みが利かない条件で
どこまで差してこられるかが課題となりそうです。

AJCC2着の スーパームーン

AJCCはメンバーに恵まれた感があり
まだ重賞レベルの能力は示せていない馬です。

安定感のあるタイプなので、人気になりやすいですが
今回過剰に人気になるようなら敬遠したい馬ですね。

対する上がり馬が3頭

前走オープン勝ちを決めた モンドインテロ

レース内容からはまだ重賞レベルの能力を証明できていませんが
長距離では安定しており、この条件は適鞍だと言えます。

近5戦で4勝している クリプトグラム

ここにきての充実度は目を見張る物がありますが
今回はあくまで試金石

藤原厩舎、キャロットファームという背景から
ある程度の人気となりそうですが、
過度の期待は禁物でしょう。

東京得意な サムソンズプライド

メイショウサムソン産駒らしく長くいい脚を使うタイプで
常に相手なりに走るタイプ

地力もついてきたので、ここは一発があっても驚けません。

これらの馬以外にも

レコンダイト、ヒットザターゲット
クリールカイザー、タマモベストプレイ

といった長距離重賞で実績のある馬たちも出走を予定しており
馬券としては非常に難しいレースとなりそうです。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。