シンハライトはジュエラーやメジャーエンブレムよりも強いと言える訳

Pocket

先日行われたオークスは シンハライト が1番人気に答えての勝利

直線では狭くなるところがありましたが
前が空くと一気に抜け出す強い内容でした。

桜花賞と比較してジュエラーとメジャーエンブレムがいない戦いだったので
順当といえば、順当勝ちでしたが、

シンハライトが今年の3歳世代で一番強い馬

だという点は間違いないので、ライバルが出走したとしても
結果は同じだったでしょう。

ジュエラーとは桜花賞とチューリップ賞で戦っていますが

桜花賞はシンハライトが早め抜け出したところを
ジュエラーが出し抜いた形で内容はシンハライトの方が濃い物でした。

また、チューリップ賞については
1400mの紅梅ステークスからの臨戦でした。

紅梅ステークスからチューリップ賞へ向かう馬は毎年成績が良くありません。
なぜかというと1400mと1600mではレースの流れと必要とされる能力が違う為
舞台変更に対応が出来ないからです。

しかし、シンハライトは舞台変更に対応しただけでなく
ジュエラーをも差しきりました。

ジュエラーも強い馬なので、圧倒的に上という訳ではありませんが
客観的に見れば、力はシンハライトの方が上である、という事は明白です。

一方、メジャーエンブレムとの比較ですが、
馬のタイプ、走りのタイプが違うので、
一概に強い弱いを比較するのは難しいのですが

距離適性の部分で言えば

シンハライト:マイルから2400m
メジャーエンブレム:マイル前後

脚質の部分で言えば

シンハライト:差し・追い込み脚質も好位での競馬も可能
メジャーエンブレム:逃げ、自分の流れでないと力を出せない

この2つの部分だけを比較しても
シンハライトの方が総合力が上であるという判断が出来ます。

もちろんメジャーエンブレムが自分の競馬をすれば
シンハライトが完封されるという事もあるので
圧倒的に力が上という訳ではありません。

以上の理由から

今年の3歳牝馬最強馬は シンハライト である。

という事は変えようのない事実です。

秋には秋華賞、エリザベス女王杯が行われます

このレースで真の女王が決定しますが
おそらくシンハライトがナンバーワンの力を見せてくれるでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。