メジャーエンブレムがオークスに出走したら勝てるのか?

Pocket

先週行われたNHKマイルカップはメジャーエンブレムが逃げて勝利
先手を奪ってから後続に影を踏ませることない完勝でした。

このメジャーエンブレムは当初オークスへ出走を予定していましたが
方針変換をしてのGI勝ち

そうなると気になってくるのは

「オークスへ出走してきたらどうなっていたのか?」

という点です。

個人的にはまだオークスへの出走の目は消えていないと思っているので
この点について考察をしてみたいと思います。

メジャーエンブレムの父はダイワメジャー

言わずとしれた名マイラーで血統から言うと当然距離は長いという判断になりますが
ダイワメジャー自身は有馬記念3着の実績があるように
長距離戦でも一定の実績は見せていました。

なぜマイラーが長距離戦でも崩れなかったのかというと
操縦しやすい気性と勝負根性がウリの馬だったからです。

メジャーエンブレムもこの点は引き継いでいます。

桜花賞はメジャーエンブレムにとってはスローペースだったにも関わらず
掛かる事がありませんでした。

気性が勝ったタイプだと行きたがるのですが
そういったそぶりもない点は2400mでも折り合いはつきそうです。

ただ、桜花賞の上がり勝負で敗れたように瞬発力はありません。

トップスピードを持続して、そのままゴールになだれ込むタイプなので
東京芝2400mによく見られるスローからのヨーイドンでは勝ち目はありません。

逆に直線が長くても淀みないペースから4コーナー手前で先頭というような
レースをしていけば、十分に勝機はあります。

という事で結論ですが

「オークスに出走しても十分に勝ち負け出来る馬です」

一両日中に出走の可否が発表になるでしょうが、是非出走して欲しいですね。

桜花賞馬ジュエラーもいないので十分に勝ち負け出来ます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。