新潟大賞典の舞台、新潟芝2000mで好走する馬の特徴を分析してみました。

Pocket

新潟大賞典が行われる新潟芝2000mは
新潟芝外回りのコース形態ですが
ここでは過去のデータから新潟大賞典の傾向を洗い出して
新潟芝2000mの特徴を分析していきます。

 

日本一直線の長い新潟芝外回りコース

直線の長さゆえにスピード・瞬発力が必要とされていると
思われがちですが、新潟大賞典では果たしてどんな馬が活躍しているのか
活躍馬の傾向、タイプから洗い出しを行っていきましょう。

 

ポイント1 前走先行した馬は大苦戦

過去10年のデータから前走の4角位置別の成績を見てみると

1番手(単回収0%、複回収0% 複勝率0%) 7頭
2,3番手(単回収0%、複回収48% 複勝率16.0%)
2~5番手(単回収92%、複回収77% 複勝率28.3%)
10番手以下(単回収83%、複回収112% 複勝率28.0%)

と1~3番手でレースした馬は極端に成績が悪くなっています。
新潟の長い直線は前にいる馬にとっては大きな不利

前で競馬をする馬は減点をしたいところです。

 

ポイント2 前走上がり3F1,2位の馬が強い

先ほどのデータを裏付けるように
過去10年のデータから前走の上がり3F順位別成績を見てみると

1位(単回収196%、複回収101% 複勝率42.1%)
2位(単回収41%、複回収187% 複勝率45.5%)
3位(単回収65%、複回収56% 複勝率21.4%)
4,5位(単回収36%、複回収76% 複勝率21.4%)
6位以下(単回収24%、複回収42% 複勝率10.0%)

と上がり1,2位の馬が圧倒的に強く
6位以下の馬が非常に弱いという極端なデータが出ています。

他の競馬場では届かなくても、この舞台なら後方待機の馬が届くという事ですね。

 

ポイント3 距離短縮組は選びたくない

過去のデータから前走の距離別成績を見てみると

前走と同距離(単回収89%、複回収110% 複勝率27.6%)
今回距離延長(単回収57%、複回収65% 複勝率25.8%)
今回距離短縮(単回収11%、複回収17% 複勝率9.1%)

と距離短縮組は不利

新潟芝2000mは最後の末脚勝負となるので
スピード能力が問われます。

そのスピード能力が劣るステイヤーは成績が残せていません。

 

まとめ

新潟芝2000m外回りで行われる新潟大賞典は…

・先行脚質よりも後方からの差し馬

・上がり3Fの脚がしっかりと使える馬

・距離短縮組は敬遠したい

 

以上です。

今週の重賞で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして登録して下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。