京都新聞杯の傾向から見る、京都芝2200mで好走する馬の特徴とは

Pocket

ここでは京都新聞杯の傾向から
京都芝2200mで好走する馬の適性やタイプなど
特徴について話していきたいと思います。

 

今週の重賞は京都新聞杯

日本ダービー馬となったキズナや日本ダービー2着に入ったサトノラーゼンなど
近年は日本ダービーに繋がりも濃くなっており
注目度の高いレースになってきました。

過去のデータからこの京都新聞杯を攻略するための
適性やタイプなどを紹介したいと思います。

ポイント1 内枠が圧倒的に有利

過去10年の枠順別データを見てみると

1~2枠(複勝率37.5%)
3~4枠(複勝率40.9%)
5~6枠(複勝率27.5%)
7~8枠(複勝率9。1%)

と誰の目にも明らかな内枠有利傾向

京都コースはどの距離でも内枠が有利な場合が多いですが
このレースでは顕著にその傾向が現れています。

 

ポイント2 上がりの脚を武器にする馬は苦戦

こちらも過去10年のデータから
前走の上がり3F順位別の成績を見てみると

1位(単回収55%、複回収31% 複勝率18.2%)
2位(単回収27%、複回収103% 複勝率23.5%)
3位(単回収54%、複回収135% 複勝率47.1%)
4,5位(単回収63%、複回収79% 複勝率29.4%)
6位以下(単回収116%、複回収91% 複勝率30.4%)

前走上がり3Fが1,2位の馬は複勝率が悪く苦戦傾向にあります。

内枠有利=距離ロスなく立ち回る馬が有利

という事で、器用さが問われるレースである事が分かります。

 

ポイント3 ダービーを見据えた素質馬が活躍

過去10年の馬体重増減別の成績を見てみると

マイナス10~19kg(単回収0%、複回収0% 複勝率0%) 5頭
マイナス4~9kg(単回収40%、複回収114% 複勝率26.1%)
マイナス3~プラス3kg(単回収53%、複回収81% 複勝率31.9%)
プラス4~9kg(単回収182%、複回収108% 複勝率43.8%)
プラス10~19kg(単回収0%、複回収0% 複勝率0%) 6頭

とプラス体重で出走した馬の方が高い複勝率を記録

あくまで本番は日本ダービー

と思っている馬が、本質的に能力が高いのは明白

余裕のない馬よりも素質馬をそのまま買いたいですね。

 

まとめ

・内枠が明確に有利

・前で競馬出来るタイプを狙う(上がり勝負になりづらい)

・実績馬よりも素質馬

 

私が今週の重賞で注目している馬は

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして登録して下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。