逃げ馬に乗る武豊騎手が最強説|その理由と現代競馬の傾向について

Pocket

先日行われた天皇賞・春は武豊騎手騎乗の キタサンブラック が勝利しました。

キタサンブラックは実力のある馬で
このレースも十分に勝てる力を備えていましたが
今回は武豊騎手の騎乗が大きなプラスとなったのは間違いありません。

いまさらですが、武豊騎手は長年日本一の騎手として君臨し続けていました。

その武豊騎手の最大の武器は「ペース判断力」です。

馬に乗りながら1分をピッタリと言い当てられると言われている
正確な体内時計はペースをしっかりと読み
前にいった馬をしっかりと交わせるポイントで仕掛ける事が出来ます。

剛腕で馬を追う事に出来る地方出身騎手や
馬を制御する力に長けている外国人騎手が

台頭するようになった現代では
武豊騎手が計算したペースで仕掛け始めても
相手が思った以上のパフォーマンスを見せて差しが届かず、
というパターンが増えてきました。

これらの背景から武豊騎手の武器が通用しなくなってきていますが
逃げに回った時はこの武器が最大限効果を発揮されます。

なぜかというと、他馬との兼ね合いを気にしなくていいからです。

前にいる馬を気にせずに馬が最も力を出せるペースでレースが出来る
「逃げ」という脚質は武豊騎手の武器が最も活かせる脚質で

今回のキタサンブラックについても、
絶妙のペースで逃げた事によって

「後方から追い込んでくる馬」
「大外を回って距離ロスがある馬」

の可能性を全て消しました。

ゴールドアクター、フェイムゲームはこれによって脱落

立ち回りの妙味で内差しをしてきたシュヴァルグランは3着を拾いましたが
実質内を回ってキタサンブラックをマークしたカレンミロティックとの一騎打ちに持ち込みました。

こうなれば当然勝率はグンと上がります。

「逃げ馬に乗る武豊、逃げという脚質を選択した武豊は最強」

今後、馬券を検討する上で、この要素は是非頭に入れておきたいですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。