チェッキーノはオークスで距離の壁、血統の壁を超える事が出来るのか?

Pocket

先週行われたフローラステークスでは
アネモネステークスを勝った チェッキーノ が完勝

大外枠だったので、後方からの競馬となりましたが
直線に入ってからは瞬発力の違いで他馬を圧倒しました。

母ハッピーパス、兄コディーノと血統的にも一本筋が通っており
ポテンシャルという点でも心配のない馬で
桜花賞1,2着のジュエラー、シンハライトとも戦えるのではないかという
期待をさせる強さを見せてくれました。

ただ、本番では更に400m距離が延びます。

チェッキーノに限らず、どの馬についてもこの2400m
という距離は不安要素なのですが、
この馬に関しては他の馬以上に心配をしています。

一番の不安要素は血統面

母ハッピーパスは1600m前後で活躍していた事
兄コディーノも日本ダービーでは見せ場もなく敗れている事

を考えると、400mの距離延長が
この馬に予想を超える大きな負担を与える可能性が高いです。

次に藤澤厩舎の馬であるという点

関東の名門厩舎として名を馳せている藤澤厩舎ですが
この厩舎では馬を目一杯仕上げない事で有名です。

アネモネステークスを勝ったのに桜花賞に出なかった点についても
その傾向は伺えます。

あくまで馬自身の成長に合わせて馬を仕上げてくる陣営

それが良いのか悪いのかについては分かりませんが
他の陣営が目一杯仕上げてくるであろうオークスで
チェッキーノにどこまで勝負仕上げをしてくるかは疑問です。

最後に騎手の問題

今回ルメール騎手が騎乗しての勝利となりましたが
ルメール騎手にはメジャーエンブレムというお手馬がいます。

メジャーエンブレムはNHKマイルCに出走するので
オークスに出走するかは未定ですが、
もしオークスに出走するとなったらチェッキーノには乗らないでしょう。

するとGI実績の薄い柴山騎手あたりが乗ることとなり
この馬のパフォーマンスは低下する可能性が高くなります。

これらの不安要素を覆して勝つことが出来たとしたら
チェッキーノは想像を遙かに超える強い馬だという事でしょう。

オークスでは人気すると思いますが、危険な人気馬となる

これが私の現段階での見解です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。