フィエロの騎乗から見る鮫島良太騎手の実力と成績についての分析

Pocket

先日行われたマイラーズカップでは クルーガー が内を抜け出して勝利

2,3着馬も内枠の馬となり、開幕週らしい決着になりました。

そんな中で目立ったのは鮫島良太騎手が騎乗した フィエロ

京都ではGIを含めて一度も馬券圏内を外したことがなく
今回のメンバーでは底力も上という事で
当然のごとく1番人気に支持されましたが離れた4着と惨敗しました。

内枠で距離ロスなく経済コースを走った馬が上位に入る中
後方2番手に待機して大外を回すという騎乗。

馬の力を半減させる凡騎乗でフィエロの経歴に傷をつけました。

フィエロ自身が年齢を重ねているという懸念はありましたが
あの内容でしっかりと4着を確保しているというあたりは
衰えはないと判断出来るので、今回は明らかに騎手の責任です。

という事で、鮫島良太騎手の成績から実力を分析したいと思います。

今年(2016年4月24日迄)の成績は

【2.3.2.67】 勝率2.7% 複勝率6.8%

ちなみに昨年の成績を見てみると

【8.4.15.240】 勝率3.0% 複勝率4.5%

となっており、勝率は3%前後、複勝率は5~6%程度となっています。

33回騎乗して1回勝利して、20回騎乗して1回馬券に絡む

と考えるとかなり低い数値であることが分かります。

ここでデビューしてから今日までの累計成績を見てみると

【257.277.281.3902】 勝率5.4% 複勝率11.3%

と近年よりも高い数値を示していることが分かります。

つまり、成績が年々下降しているという事ですね。

なぜ、下降しているのか?

それは先日のフィエロの騎乗が答えを出しています。

開幕週で例年前が有利の中、後方待機のポジショニング
スタートが悪くなかったにもかかわらず
馬とケンカをして折り合いをつけられなかった点

これらを考慮すると最初はそれなりに集まっていた騎乗馬が
騎乗レベルの低さゆえに減少していった。

という事以外に答えがありません。

本人の性格や人柄は分かりませんが

競馬と真面目に向き合っていない
レベルを上げるために真剣に仕事をしていない

と言えるのは間違いないところです。

(競馬をしっかりと勉強している人なら開幕週の京都マイル戦で
後方2番手というポジションをとる事はありません)

と言うことで、結論です。

鮫島騎手は上手いけど、騎乗馬に恵まれずに成績が出ないタイプではなく
騎乗レベルが低いため、成績が出せないタイプ

という形で結論づけられます。

今後、人気で出走してくるようなら是非とも外したい存在ですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。