2016フローラステークス出走予定馬評価と勝ち馬の考察

Pocket

今週のメインレースはG2フローラステークス

オークスへとつながるステップレースですが
今年は桜花賞1,2着のジュエラー、シンハライトと
4着に敗れたメジャーエンブレムが3強を形成しているため
ここはよほど強い勝ち方をしないとオークスでは戦えなさそうです。

有力馬から順に評価をしていきたいと思います。

一番の注目はアネモネステークスを勝った チェッキーノ

前走は捲り気味に進出しながら上がり最速の脚
母ハッピーパスと血統にも筋が通っており
今回のメンバーでは能力上位は明らかでしょう。

不安点は距離延長という点

母ハッピーパスはマイルがベストの馬だったので
チェッキーノも2000mのこの舞台はマイナスに働く可能性があります。

距離ロスを強いられる外枠に入るようなら
少しマイナスが必要になるでしょう。

実績上位なのはフラワーカップ2着の ゲッカコウ

こちらは走りを見る限り距離の心配はないでしょうが
ロージズインメイ産駒という事で東京への適性が課題となります。

ここ5戦は連続で中山を走っている事からも
開幕週のスピード勝負が求められたときに脆さを見せる可能性がある
という事は覚えておいた方がいいですね。

別路線ではチューリップ賞4着の クイーンズベスト

チューリップ賞上位の顔ぶれをみるとレベルの高いメンツで
この4着という着順は評価できます。

ワークフォース産駒でまだ傾向は掴めないところはありますが
スピード勝負に脆さをみせる外国血統という事からも
チューリップ賞のように前々で粘るスタミナ勝負に持ち込んだ方がよさそうです。

是非、先行しやすい内枠がほしいですね。

2戦2勝の ビッシュ

デビュー戦は東京でしたが、5馬身差の圧勝
前走もヒプノティストをやぶるなど、良いパフォーマンスを見せています。

今回は相手関係がどうかというのは課題にはなりますが
ディープインパクト産駒でまだまだ伸びる可能性がある点は魅力です。

前走で500万を卒業した パールコード

新種牡馬ヴィクトワールピサの産駒ですが
負けた2戦目の競馬にしても
ナムラシングン、ミッキーロケットと好勝負を演じるなど
地力はこのメンバーでも見劣りません。

左回りは未知数ですが、大きな不安要素ではありませんね。

フラワーカップ4着の キモーヴ

フラワーカップでは内を付いて器用な競馬を見せましたが
今回は広い東京コース、加えてハービンジャー産駒という事で
簡単にはいかないレースになりそうです。

人気面と相談ですが、人気になるなら切っていい馬でしょう。

その他では岩田騎手がクラシックを狙えると言った アグレアーブル

名門堀厩舎が送り出す1戦1勝馬 シークザフューチャー

東京で新馬戦を勝った リルティングインク

などが出走を予定しています。

馬券の方ですが、開幕週と言うことで前に行ける馬を狙う
内枠の馬を狙うという鉄則は変わりません。

あとは馬の特性もありますが、
位置取り等は騎手の戦略が物を言うので、
馬だけではなく、騎手にも注目したいレースですね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。