2016アンタレスステークス出走予定馬の評価とレース傾向について

Pocket

今週の阪神メインレースはアンタレスステークス

今年の秋で飛躍を狙う馬たちが集まるレースとなります。

この条件で開催されるのは5年目になり、過去データとしては
4回分と少ないデータになりますが
大きな好走傾向としては2つ特徴があります。

1つは 『内枠優勢、外枠不利』 という点

1つは 『馬体の重い馬、パワータイプ優勢』 という点

この2つは見逃してはいけない点なので
枠順発表にも注目をしなくてはいけません。

そして、今回予定しているメンバーですが
一番の注目はフェブラリーステークス3着の アスカノロマン

前々で粘り込む競馬が得意なタイプでしたが
前走は後方からの差し競馬

脚質の幅がだいぶ出てきて、地力強化も顕著
今回は主役として出走することになりそうで
どのような競馬を見せてくれるのか注目です。

フェブラリーステークス5着の ロワジャルダン

前走は先行策で一瞬勝ったかというような手応えで力を見せました。
ここにきて脚質に幅が出たのは大きく
先行策が身に付いてくれば、もう少し成績も安定してくるでしょう。

別路線組では鋭い末脚を持っている アウォーディー に注目です。

シリウスステークスでは目の覚めるような末脚で勝利
続く名古屋グランプリでもきっちりと勝っているように
完全に本格化しました。

ダートでの追い込み脚質は決して有利ではありませんが
それを覆すだけの破壊力を秘めた馬で
ここでも当然軽視は出来ません。

前走ダイオライト記念を勝った クリソライト

深い地方競馬の馬場で結果を出しているように
パワーが必要とされるコースで強さを見せる馬

中央競馬でも屈指のパワーコースである阪神でのレースはプラスで
ここでも自分のパフォーマンスは見せられるでしょう。

ただ、上位3頭と比較すると実績が一歩劣りますね。

マーチステークスを勝った ショウナンアポロン

こちらは前走展開がはまった形で連続での好走となると厳しいでしょう。
今回は軽視しても良さそうですね。

それならばマーチステークスで4着に敗れた 
イッシンドウタイ
 の方に魅力を感じます。

人気薄で好走、人気で凡走というタイプなだけに
今回メンバー強化で人気落ちが期待できる
ここは狙いやすいところです。

古豪 ローマンレジェンド はさすがに衰えが隠せません。

もともと平坦のスピード勝負に強いタイプが
パワー勝負のこの舞台に出てくるのでさすがに難しいでしょう。

その他、上がり馬としては
トップディーヴォ、センチュリオンなどが出走を予定していますが
あくまで伏兵という評価になるでしょう。

スポンサードリンク