オルフェーヴルが現役最強馬を証明!有馬記念レース後記


昨日行われた有馬記念。

オルフェーヴルがドラマティックな競走生活に華を添えるように
8馬身差の圧勝で引退レースを飾りました

今年になってから激しい気性は影を潜めて
優等生の走りを連発した彼ですが、
一番の魅力はヤンチャな気性と綺麗な馬体でした。

三冠レースを圧勝で飾り、阪神大賞典での逸走
天皇賞春惨敗からの宝塚記念復活。
凱旋門賞での激走から昨日のラストラン。

どれをとってもドラマになる馬でした。
私は池添謙一騎手だからこそオルフェーヴルが
オルフェーヴルでいられたと思っています。
2歳から3歳冬の下積みと言える
成績低迷期に彼をしっかり育てたのでしょう。

なかなか月並みな言葉でしか、オルフェーヴルの凄さを
表現できないですが、彼をこう表現しましょう。

「日本競馬界でドラマを作れる歴代最強の馬」

これからは種馬生活を送ることになるでしょう。
現世代はサンデーサイレンスの子供が競馬界を席巻していますが
サンデーサイレンスの孫は種牡馬として存在感を示ていません。

オルフェーヴルはディープインパクトや
父親であるステイゴールドに負けずとも劣らない
種牡馬になってくれる事を願う事にします。

オルフェーヴル、お疲れ様。
そして、たくさんの感動をありがとう!!

君が見せてくれた走りは一生忘れない。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。