ダービー卿CTを好走する馬は東風ステークス、東京新聞杯で…

Pocket

中山で行われるマイル重賞ダービー卿チャレンジトロフィーは
重要度の低いG3ハンデ戦という事で
オープン特別、条件クラスからの出走も多数あります。

その中でも主な臨戦過程を見てみると

東風S経由(単回収163%、複回収180% 複勝率35.5%) 31頭
東京新聞杯経由(単回収80%、複回収47% 複勝率18.2%) 11頭
阪急杯経由(単回収157%、複回収115% 複勝率33.3%) 9頭
中山記念経由(単回収0%、複回収60% 複勝率21.4%) 14頭

以上が中心となります。

中でも一番多く出走馬を出しており成績も
優秀な東風ステークスを見てみましょう。

まずこのデータから4角3番手以下(逃げなかった馬)に絞ってみると

(単回収220%、複回収216% 複勝率43.5%) 23頭

とかなり成績が上がります。

オープン特別の流れよりも重賞の流れの方が厳しくなりやすいため
逃げる馬にとっては条件が厳しくなる事が分かります。

次に4歳・5歳の馬に絞って見てみると

(単回収285%、複回収335% 複勝率66.7%) 12頭

と更に成績はアップします。

急坂のある中山で行われる重賞ですが
スピードの問われるレースになる事が多く
若くスピード能力のある馬の方が有利である事が分かります。

この条件からもう一段階、前走上がり1,2位という条件で絞ってみると

(単回収855%、複回収555% 複勝率100%) 4頭

と抜群にいい成績を残しています。

オープンの緩い流れを鋭い末脚で差してきた馬が
厳しいペースでさらに持ち味を発揮するという事が分かりますね。

次に東京新聞杯経由の馬を見てみましょう。

こちらは率としては低い数値を示していますが
前走4角6番手以下に限ると

(単回収880%、複回収370% 複勝率40.0%) 5頭

数値がかなり向上します。

スピード・差し脚が武器である馬でないと活躍が難しい事が分かります。

上の条件に東風ステークス組でも加えた
年齢4歳・5歳という条件で更に絞ってみると

(単回収293%、複回収173% 複勝率66.7%) 3頭

単複の回収率は減りましたが
複勝率は上がっています。

ここに当日5番人気以下という条件を加えると

(単回収440%、複回収260% 複勝率100%) 2頭

サンプルは少ないですが、穴馬として狙える存在になりそうです。

この点を踏まえて予想をしていくと的中に近づくでしょう。

さらに詳しい情報を知りたいならこちらへ
 → にほんブログ村 ランキング

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。