ビッグアーサーは速い時計・レコード決着に強い!1200m以外は…

Pocket

先日行われたGI高松宮記念は
ビッグアーサー が道中4番手から楽に抜け出して勝利

重賞初勝利をGIで飾りました。

一番の勝因は今回の中京の馬場がBコース開放となり
スタミナ勝負ではなく、スピード勝負となったこと。

ビッグアーサーは2走前の阪神カップ3着にこそなりましたが
力を目一杯出し切った中で距離の限界を見せたようなレースでした。

3着を確保している事から全くダメという事はありませんが
1200mから距離が延びてしまうと
パフォーマンスが大きく落ちてしまうと言う事は間違いありません。

2015年以前の高松宮記念はスタミナの必要なレースでした。

ゆえに1400m以上で実績を出している馬が活躍しやすいレースでしたが
今回は究極のスピードレースになる馬場だったので
1200mのスペシャリストが活躍出来るレースになりました。

今回はビッグアーサーの力が100%出せたという事です。

オパールステークスでもレコード勝利しているように
スピードでの勝負を得意としている馬なので
この馬を買うならそういった条件がベストです。

馬場が渋ってパワーが必要になる場合は評価を一枚割り引いた方がよく
距離延長の場合は一枚半評価を割り引いても良いでしょう。

ここにきてこの馬の特徴がはっきりとしてきたので
今後馬券の買いやすい馬になっていくでしょう。

2着 ミッキーアイル は力を出しての敗戦でしたが
逃げた2頭に巻き込まれた面は否めません。

それでもすぐに3番手に控えてレースをしたので言い訳は出来ません。
今回は完敗ですね。

3着 アルビアーノ はもう少し力の要るような競馬が良かったですね。

馬格もあり、パワーのある馬なので、
究極のスピード勝負となると一歩下がります。

それでも3着にきたのはこの馬の地力がなせる業でしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。