ハーツクライ産駒のシュヴァルグランが天皇賞・春を勝つためには…

Pocket

先週行われた重賞阪神大賞典はハーツクライ産駒 シュヴァルグラン が
4コーナーで先頭に並びかけ、そのまま押し切り勝ち

日経新春杯では瞬発力勝負となり、苦手な流れでの競馬になりましたが
今回は長距離戦らしい流れになった事でこの馬の力をフルに発揮出来ました。

長距離戦では今年の日経新春杯のように瞬発力勝負になる確率は低いものの
今日のような流れになる事が天皇賞・春を勝つ上で必要になります。

道中の折り合いも完璧で距離延長も苦にならないタイプ

本番での好走も必至ですが、福永騎手がどれだけ
ペースを読めるかは大きな課題になります。

福永騎手はレースの流れを読んで綺麗に勝とうとするタイプ
GIでその乗り方ではなかなか勝てない事は
彼の成績からも実証済みで、多少強引でも自分で勝ちに行く
という事が必要になります。

これが出来ないと、掲示板は確保出来たけど勝てなかった

そんな結果になる確率が高くなります。
単勝で買うのは危険ですね。

2着 タンタアレグリア は相手に恵まれました。

自分の力は出しており、これ以上のレベルとなると難しいでしょう。
格落ちのG3レベルなら今後も勝ち負けが出来そうですが
非力で瞬発力のないタイプなので、
メンバー構成や馬場条件など注文はついてくるでしょう。

3着 アドマイヤデウス はかろうじて着を拾いましたが
ここ2戦得意な条件でのレースながら
インパクトの薄い走りで、能力の上限を見せたと言えます。

人気の トーホウジャッカル は自滅

状態面だけでなく、精神面も大きく影響しての敗戦となりました。
集中力を持って走るタイプなので、この敗戦は深刻で
もう一度立て直しが必要となるでしょう。

今回はシュヴァルグランの話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。