2016日経賞|ゴールドアクターは本当に強いのか?

Pocket

天皇賞・春へと駒を進めるべくステップレースですが
今年は少頭数ながら、GIの主役となりうる精鋭が揃いました。

一番の注目はグランプリホース ゴールドアクター

前走は前残りの展開ではありましたが
逃げるキタサンブラックを交わし
追撃するサウンズオブアース、ラブリーデイを振り切り勝利
改めて地力を証明した1戦でした。

ただ、有馬記念にしてもアルゼンチン共和国杯にしても
走りは地味で破壊力は感じません。

その点がどうかという議論は出てきますが
逆にいえば好位につけて器用な競馬をするという事なので
ゴールドアクターの強さを疑う必要はないでしょう。

2着 サウンズオブアース も出走してきます。

昨秋3戦は好内容のレースを見せてくれました。
ネオユニヴァース産駒らしく、長距離に適性のあるパワータイプで
今回の舞台である中山芝2500mはベストの条件

GI馬と比較して斤量が2kg軽い点も魅力で
天皇賞よりもここで期待が出来る馬ですね。

有馬記念4着の マリアライト

前走は大外枠から激走に近い好走。
ただ、この馬はリアファルが兄弟にいるように
本質は力の要る馬場と長距離戦が得意。

今回の条件はベストといえます。

ただ、斤量面で厳しさが残るのでその点をどう評価するかで
予想の印は変わってくるでしょう。

一方有馬記念で惨敗した アルバート

前走は展開に泣いたというよりも
鞍上の判断ミスというレースでした。

ステイヤーズステークスの内容から
能力的にここでの巻き返しは十分に考えられますが
連勝で来ていた馬がリズムを崩した後でのレースという事で
破綻をきたす可能性も考えておいた方がいいでしょう。

AJCCを勝った ディサイファ

この条件になるとさすがに距離が長いですが
パワータイプのディープ産駒で折り合いも問題なし

地力面でも戦える下地がある上に
人叩きしたアドバンテージがあるという事で
決して無視は出来ない存在です。

今回は上の5頭で仕方がないレースになりそうです。

重賞実績のある、ホッコーブレイヴ、フラガラッハも
もうそろそろ厳しいでしょう。

今回は日経賞の展望について話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。
競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。
エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。