フィリーズレビューと桜花賞・オークスとの関連性について

Pocket

先週行われたフィリーズレビューは
川田騎手騎乗の ソルヴェイグ が内から鋭く抜けて勝利

見事に桜花賞の切符を手に入れました。

さて、このフィリーズレビューですが
桜花賞トライアルであり、G2という格の高いレースですが
桜花賞・オークスとの繋がりが非常に薄いレースです。

一番の理由が

『距離が1400mである』

という点

1400mと1600m、距離は200mしか違わないじゃないか
という人もいますが、この200mが大きな違いを生みます。

その要因の大部分を占めるのが「内回り」と「外回り」

フィリーズレビューの舞台である阪神芝1400mは内回り

直線距離が短く、道中も淀みないペースでレースが進み
持久力・パワーのある馬が活躍する点が特徴です。

桜花賞の舞台である阪神芝1600mは外回り

直線距離が長く、道中では少し息の入る流れになることが多く
スピード・瞬発力のある馬が活躍する点が特徴

この相反する特徴を持つ2つのコースが
フィリーズレビューと桜花賞の関連性を薄くしています。

一方、オークスはどうかというと
舞台である東京芝2400mも
スピード・瞬発力が活きる流れになりやすいコース

加えて2400mという未知の距離を3歳牝馬が走るわけですから
ガンガン飛ばしていくような馬も少ない
という事が、この流れに拍車を掛けています。

つまり、フィリーズレビューで活躍出来る要素を持った馬は
桜花賞・オークスでは活躍出来る要素を持っていない事が多い
ので
関連性が薄いという事になります。

今年の上位馬を見てみると
勝ったソルヴェイグ、2着のアットザシーサイド、3着のキャンディバローズ共に
1400mで好走出来る要素を持った馬達です。

能力が抜けていれば、桜花賞でも通用という事も考えられますが
地力面でもチューリップ賞組に劣る上位陣で
クラシックでの苦戦は必至ですね。

人気になるようなら嫌って妙味がありますね。

今回はフィリーズレビューとクラシックの関連性の話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク