有馬記念出走予定有力馬チェック|前走重賞勝利から挑む2頭の取捨!


今日は前走重賞勝利から有馬記念に挑む2頭をチェックしましょう。

と、その前に昨日のエイシンフラッシュ回避の情報は非常に残念でした。
馬券の観点から見ると中山2500mを得意としている馬がいなくなってしまった
そして競馬の観点から見るとエイシンフラッシュの引退レースが
なくなってしまい、このままターフを去ることになってしまったということ。

どちらも非常に残念です。
更に手薄感を極める有馬記念、より一層今日取り上げる馬が重要になってきますね。

重賞勝利から挑む馬のうち最初は金鯱賞を勝った
カレンミロティックから取り上げましょう。
昨年はオーシャンブルーが2着に来ているので
この臨戦過程は今後注目されてくるかもしれません。

で、今回のカレンミロティックですが
一言で言うと「未知数の馬」ですね。

重賞は初挑戦で勝利していますが、前々走はオープンで大敗
勝った前走も逃げたメイショウナルトこそ大敗しましたが、全体的に前が残る競馬
中山コースの適性を掴みかねるハーツクライ産駒

どれも今回有馬記念に臨むあたり、データ量が不足しています。
これといって逃げる馬もいなそうですし、鞍上は怖い戸崎騎手
信頼には足りませんが、完全に外すには勇気がいるやっかいな馬です。

手広く馬券を買おうと思っている人は押さえ
絞って馬券を買おうと思っている人は切り
このくらいの判断が妥当と言えます。

もう一頭の前走ステイヤーズSを勝って臨むデスペラード
ステイヤーズSからの有馬記念に挑むパターンは
原則、データとしては馬券になりません。

私の記憶ではテイエムオペラオーが3着
フォゲッタブルが4着、このあたりです。
デスペラードの場合、前走はまず相手が弱かったという点
春からの成績という点を考えると上記2頭よりも
明らかに能力が劣ると言えるでしょう。
普通に考えれば、ここは家賃が高いという結論になります。

ただ、1点注目したいのは前走の勝ち方
最後の直線の伸びは素晴らしい物でした。
元々パワー型の追い込み馬で中山コースは明らかにプラス
父親ネオユニヴァースもヴィクトワールピサを始めとして
中山適性の高い産駒を輩出しており
舞台設定としては絶好の舞台と言えます。

当然、地力の面で来ない可能性の方が高い馬ですが
カレンミロティックと比較すると人気もなさそうですし
穴馬として指名するのであれば、こちらを支持します。

鞍上横山典騎手も大胆な騎乗で一発を狙ってくるでしょうし
勝敗はともかくどんな競馬が出来るのか楽しみです。

と、今回はこの2頭です。
どちらも穴馬という評価しか与えられませんが
今回はレベルの低いメンバーで馬券圏内に入る可能性は十分でしょう。

さて、明日は関東馬の意地を見せたいルルーシュとナカヤマナイトを
中心に気になる馬を取り上げたいと思います。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。