ルージュバックがGIを勝つ為に必要な事|能力分析と舞台適性

Pocket

今週のメインレースは中山牝馬ステークス

GIまで期間があるため毎年手薄なメンバーが集まりますが
今年は ルージュバック が参戦してきます。

前走の有馬記念と比較をして

・距離短縮プラス
・久々の出走プラス
・相手関係プラス

と数々のプラス要素を持って出走してきます。

断然人気が予想されますが
毎年前残りが顕著な舞台であることや
サンデー系の馬が活躍出来ていない事など
不安要素も抱えており、馬券的には興味の尽きない1戦です。

ここで改めてルージュバックについて考えてみたいと思います。

まず能力はオークス2着が示した通りGI級である事は間違いありません。

負けた相手はミッキークイーンですし
そのミッキークイーンに相手に横綱競馬をして足元を救われた形なので
能力の絶対値はミッキークイーンと双璧と考えて良いでしょう。

あとは適性・気性面についてですが
この馬はかなり気分屋の面を持っています。

使い詰めで気持ちが疲弊するよりも
フレッシュな状態でレースに臨んだ方が好成績を残すタイプなので
休み明けは狙えるタイプですね。

また、その気分ゆえ混戦でごちゃつくような
レースは得意としていません。

広いコースでゆったりと走って始めて能力を発揮するタイプなので
小回りの中山や北海道競馬は凡走することは頭に入れておいた方がいいでしょう。

脚質はオークスで見せたような先行策が理想です。

末脚もありますが、馬群を縫って出てくる根性型ではないので
ある程度好位をとってそこから押し切るような形の方が
コンスタントにこの馬の力を発揮出来るはずです。

距離適性は1800m~2200mの中距離がベスト

マイルも2500mもこなせますが
この距離になるとパフォーマンスが落ちます。

という事を踏まえて今回の中山牝馬ステークスですが
中山でのレースという点はありますが、今回は好条件が揃うので
先手を奪うことが出来れば、限りなく確率は高いでしょう。

今回はルージュバックの話をしましたが
馬の適性の判断の仕方、馬券の回収率アップについては
無料メルマガで講座を行っています。

馬券でプラスを出したいけど、出せていない
という方は以下をクリックして登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。